戻る

細川涼一 著


中世寺院の風景

―――中世民衆の生活と心性


四六判280

定価:本体2500円+税

発売日 97.4.25

ISBN 4-7885-0595-9




中世,寺院は人々の生活の中心にあった。そこに残された有名無名の史料を克明に読むならば,中世の貴族から上層下層の僧侶,女人や盗賊まで,さまざまな社会層の人間たちの生き死に,その希望と絶望が鮮やかに立ち上がる。

◆書評
1997年6月22日、京都新聞
1997年7月20日、京都日報
1997年7月27日、中日新聞

◆7&y セブンアンドワイへ


designed & constructed by bizknowledge