戻る

増田 裕美子 著

漱石のヒロインたち
――古典から読む


四六判上製264頁

定価:本体3200円+税

発売日 17.6.15

ISBN 978-4-7885-1529-1





◆漱石文学を魅力的にしている女性たち
 数々の名作を書き、今なお人気の「国民的作家」夏目漱石については、これまでも数多の言述がなされ、ほとんど出尽くした観があります。しかし不思議と、漱石が描く女性主人公(ヒロイン)についてはほとんど論じられていません。『虞美人草』の藤尾、『行人』のお直、『それから』の三千代、そして『三四郎』の美禰子など、作品を魅力的にしているヒロインたちの性格とユニークな言動を、漱石はどこから着想したのでしょう。英文学者としての学識はもちろんとして、幼少期からの日本の古典と漢文学への造詣によるところが大きい、と著者は言います。『坊っちやん』と義経伝説、『こころ』と夢幻能との関係、また『源氏物語』『平家物語』『方丈記』、能・謡曲と関係づけた読解から新たな展望が開けてきます。漱石死後百年目の今年の注目作になることでしょう。

漱石のヒロインたち 目次

漱石のヒロインたち はじめに

ためし読み

Loading

漱石のヒロインたち 目次
はじめに

第一部 漱石のヒロインたち

第一章 『虞美人草』の「紫の女」
 1 藤尾は「新しい女」か
 2 藤尾と『源氏物語』
 3 藤尾と『葵上』
 4 藤尾の成仏

第二章 『行人』のお直をめぐって
 1 嫉妬する男たち
 2 二郎と女たち
 3 お直の正体

第三章 『それから』の三千代百合の表象
 1 『金色夜叉』の百合
 2 Dora Thornのlily
 3 水死する女
 4 水の中の百合
 5 ヒロインの二面性

第四章 『三四郎』の美禰子をめぐって
 1 「水の女」のイメージ
 2 那美との相違
 3 美禰子の肖像画
 4 「迷羊」のゆくえ

第二部 漱石文学と古典

第五章 漱石と『方丈記』
 1 『方丈記』の英訳
 2 漱石の『方丈記』論
 3 『草枕』と『方丈記』
 4 『倫敦塔』と『方丈記』

第六章 『門』の美的世界
 1 『門』が描く自然
 2 「市中の山居」
 3 「近代の桃源」
 4 『門』と与謝蕪村

第七章 「坊っちやん」という謎『坊っちやん』と義経伝説
 1 「坊っちやん」という呼称
 2 「坊っちやん」は行動するのか
 3 都会と田舎
 4 坊っちゃんと義経
 5 『船弁慶』と『坊っちやん』
 6 漱石と『船弁慶』

第三部 『こころ』をめぐって

第八章 『こころ』に描かれた「時」
 1 重ねられた「時間」
 2 「先生」というシテ
 3 『こころ』とアレゴリー0
 4 「時の翁」
 5 「時」の力

第九章 「私」との対話
 1 名前がないこと
 2 「私」という自称
 3 ふたりの「私」
 4 「私」と「主人公」


あとがき
索引
  
   装幀 難波園子


漱石のヒロインたち はじめに

  夏目漱石について論じた本は数多く、百花繚乱の気味がある。もはや漱石については論じ尽くされたのではないかと思われるほどだが、奇妙なことに日本の古典文学と漱石作品のつながりを論じたものはほとんどない。漱石が日本の近代文学を代表する国民的作家ゆえであろうか。

 しかし漱石が日本語で書く日本人の作家である以上、日本文学の伝統と無縁であるはずはない。とくに考えたいのが漱石の生きた時代である。

 漱石は明治に改元される前年、慶応三(一八六七)年二月九日(旧暦一月五日)に江戸牛込で生まれている。それから大正五(一九一六)年十二月九日に亡くなるまでの約五十年間、日本は近代化しつつあったとはいえ、巷にあふれていたのは前近代的な文芸の数々である。ことに人々を惹きつけていたのが歌舞伎や浄瑠璃、落語といった類いのエンターテインメントであった。テレビもラジオもない時代、人々の娯楽は寄席や劇場で行なわれる口承的なものによるところが大きかったのである。

 漱石もさまざまな口承文芸に触れていたが、なかでも能(謡)に対する興味、関心は相当なものであった。漱石は高浜虚子の紹介で下掛宝生流の宝生新に謡を習うほどの熱の入れようであった。また虚子をはじめとして漱石を取り巻く人々には能や謡をたしなむ人々が少なくなかった。そんな当時の状況をうかがわせるのが、『永日小品』(明治四十二〔一九〇九〕年)の冒頭に収められている「元日」という作品である。

 漱石自ら告白するところによると、前年(明治四十一年)の元日のことを書いたものである。

    雑煮を食つて、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いづれも若い男である。其内の一人がフロツクを着てゐる。着なれない所為か、メルトンに対して妙に遠慮する傾きがある。あとのものは皆和服で、かつ普段着の儘だから頓と正月らしくない。     この冒頭の文章で一人フロックを着ている男は森田草平で、メルトンという布地でできたフロックを着なれない様子を漱石は「遠慮」という言葉で言い表わし、以後草平の名前を出さずに「フロツク」という言葉を名前の代わりに使用する。それほど皆の注目の的になったフロックだが、そこへ虚子がやって来る。

   是は黒い羽織に黒い紋付を着て、極めて旧式に極つてゐる。あなたは黒紋付を持つてゐますが、矢張能をやるから其必要があるんでせうと聞いたら、虚子が、えゝ左うですと答へた。さうして、一つ謡ひませんかと云ひ出した。自分は謡つても宜う御座んすと応じた。

   二人が謡ったのは『東北』という謡曲である。内容は以下のようである。

 春、東国から来た旅の僧が都の東北院に今を盛りと咲く梅の花を眺めていると、里の女が現われ、これは和泉式部の植え置いた軒端の梅であると教える。女はこの梅の主であると言って姿を消し、その後、後シテの和泉式部が現われる。式部はかつて道長が車の中で法華経を読誦して門の前を通った時に歌を詠み、歌の功徳で歌舞の菩薩になったことを述べる。そして和歌の徳と霊地東北院の風光を讃えて舞を舞う。

 いかにも新春にふさわしい能であるが、漱石は「余程以前に習つた丈で」「所々甚だ曖昧である」うえに、「我ながら覚束ない声」を出して、若い連中から「不味い」と言われてしまう。「中にもフロツクは、あなたの声はひよろしてゐると」言う。「此連中は元来謡のうの字も心得ないもの共である」と述べる漱石だが、「素人でも理の当然な所だから」「馬鹿を云へといふ勇気も出なかつた」と語る。

 ついで虚子が鼓を打って漱石が『羽衣』を謡うのだが、漱石は鼓に合わせる加減がよくわからないまま曲(一曲の中心となる長文の謡で地謡が謡う)を謡いだす。

   春霞たなびきにけりと半行程来るうちに、どうも出が好くなかつたと後悔し始めた。甚だ無勢力である。けれども途中から急に振るひ出しては、総体の調子が崩れるから、萎靡因循の儘、少し押して行くと、虚子が矢庭に大きな掛声をかけて、鼓をかんと一つ打つた。

 自分は虚子が斯う猛烈に来やうとは夢にも予期してゐなかつた。

   威勢の良い虚子の掛声におどかされて、あまり自信をもって謡ってはいなかった漱石は狼狽する。「自分の声は威嚇される度によろする。さうして小さくなる」。しばらくして皆がくすくす笑い出し、「自分も内心から馬鹿々々しくな」り、フロツクが吹き出したのを潮に自分も吹き出してしまう。

    それから散々な批評を受けた。中にもフロツクのは尤も皮肉であつた。虚子は微笑しながら、仕方なしに自分の鼓に、自分の謡を合せて、目出度謡ひ納めた。やがて、まだ回らなければならない所があると云つて車に乗つて帰つて行つた。あとから又色々若いものに冷かされた。細君迄一所になつて夫を貶した末、高浜さんが鼓を御打ちなさる時、襦袢の袖がぴら見えたが、大変好い色だつたと賞てゐる。フロツクは忽ち賛成した。自分は虚子の襦袢の袖の色も、袖の色のぴらぴらする所も決して好いとは思はない。

    どうやら漱石の謡はあまり上手とは言えなかったようだが、自虐的な文章のなかにも負けん気の強さがうかがえる。と同時にあれこれ批評しながらも、漱石の周りにはいつも和気藹々とした雰囲気があったことがよく分かる。

 こんなふうに能を心から楽しんでいた漱石が、能からさまざまな影響を受けていたことはまちがいないであろう。能は中世の芸能だが、それ以前のさまざまな文学的伝統―和歌や漢詩、『源氏物語』や『平家物語』などの物語文学など―の上に形作られている。能という芸能を通して、またその他の文芸作品を通して、漱石は日本の古典を自らの血肉としていた。だからこそ漱石の作品は近代文学作品でありながら、『源氏物語』のような日本の代表的な古典文学と同様に日本文学を代表する作品となり得たのではないだろうか。

 本書は以上の観点から、能とのつながりを中心として、日本の文学的伝統と漱石作品がいかに深くつながっているかということを、比較文学的見地もおりまぜて論じたものである。

 本書の構成は三部から成る。第一部「漱石のヒロインたち」は漱石作品のうち、代表的なヒロインが登場する四作品を取り上げた。第一章「『虞美人草』の紫の女」は藤尾、第二章「『行人』のお直をめぐって」はお直、第三章「『それから』の三千代―百合の表象」は三千代、第四章「『三四郎』の美禰子をめぐって」は美禰子である。彼女たちの造形には前近代的なものが色濃く残りながら新しい近代化の波が押し寄せていた時代背景が透けて見えるだろう。

 第二部「漱石文学と古典」ではヒロイン像以外にもさまざまな面で古典文学との関連がうかがえる作品を取り上げた。第五章「漱石と『方丈記』」は、作家になるはるか以前から漱石が抱いていた『方丈記』への深い関心が作品のなかにどのように生かされているかという視点から、『草枕』と『倫敦塔』について論じた。第六章「『門』の美的世界」は『方丈記』以後の隠遁文学の流れのなかに『門』を位置づけた。第七章「坊っちやんという謎―『坊っちやん』と義経伝説」では、『坊っちやん』という作品の成立に義経伝説が密接に関わっていることについて論じた。

 第三部「『こころ』をめぐって」では『こころ』について二つの異なった観点から論じた。第八章「『こころ』に描かれた時」では「時」という隠れたテーマについて、第九章「私との対話」では「私」という自称に注目して、それぞれ古典との関連を考慮しながら論じた。