戻る

中江桂子 著

不協和音の宇宙へ
――モンテスキューの社会学


A5判上製312頁

定価:本体3900円+税

発売日 17.3.31

ISBN 978-4-7885-1520-8

cover


◆世界はもっと多様で、自由だ!
 モンテスキューは三権分立を提唱し、『法の精神』などで知られるフランス啓蒙期の法思想家です。しかし、理性的なものを普遍的価値としあがめる〈近代〉を形づくった啓蒙主義全盛の時代に、彼は『ペルシャ人の手紙』『グニードの寺院』などで、広く世界に目を向けて、多様な報告をし、「世界はもっと多様で、自由だ」と主張しました。日常生活や異文化からの雑音・不協和音こそが自由をもたらすと考えたのです。本書は、コント、ディドロ、ヴォルテールなどの啓蒙思想家に対して、具体的で猥雑なものを通じて世界の多様性を主張した、モンテスキューの社会学者としての側面を掬い上げ、その魅力を示すことで、グローバル化が進み、単一の価値、同一性、競争などが優先される「不寛容な」現代社会に、「もう一つの真実」を示そうとする意欲作です。


不協和音の宇宙へ 目次

不協和音の宇宙へ はじめに

ためし読み

Loading

不協和音の宇宙へ 目次
はじめに
凡例

第一部 抵抗と呪縛―普遍概念をめぐる格闘

第一章 ボシュエ―あるいは近代への精神的転回について
  1 地上における神の国―王と教皇の狭間で
  2 幸福なる国家の条件をめぐって―アウグスティヌスとボシュエ
  3 歴史が無用となるとき―ボシュエの歴史観
  4 真理と幸福の亀裂―ボシュエがリベルタンに見たもの
  5 近代―それは新しい展開か、あるいは新しい仮面か

第二章 揺るがす力と揺らぐ挑戦―啓蒙主義
  1 寛容と絶対の相克―ヴォルテール
  2 神なき普遍の探求―ディドロ

第三章 忘れられた幸福―コントの実証主義と社会学
  1 「実証」の意義
  2 歴史法則としての実証的精神
  3 社会有機体と自由検討
  4 幸福と実証的精神の矛盾

第四章 法と法則の二元論へのとまどい―モンテスキューとデュルケム
  1 デュルケムの出発点への問いかけ
  2 モンテスキューからデュルケムへ―その継承と断絶
  3 法則のイデオロギー化/法の透明化
  4 当為の呪縛と社会学の自由
  5 デュルケムの根本問題

第二部 多様性と相互性──モンテスキューの相対主義

第一章 社会は分裂していなければならない
  1 分裂し、かつ多様な社会をあつかうこと
  2 分裂は社会的繁栄の条件である
  3 境界と相互性の消失―腐敗が意味するもの
  4 不協和音に満ちていない平和などない

第二章 不合理ではない、しかし理解不可能―自然法
  1 習俗―楽園の喪失をめぐって
  2 自然へのまなざし―科学的精神への希望
  3 自然法則の明証性と道徳の根拠
  4 不完全な人々よ、求めよ。されど与えられぬ
  5 自然法と適合的関係―神もまたみずからを制限する

第三章 愛と矛盾―有機体はうごめく
  1 自然は人にすべてを与えている―幸福と自己愛の所在
  2 幸福と社会―パラドックスの物語
  3 情念の反-秩序
  4 子供が生まれる―人口動態のあらわすもの
  5 「趣向」の誕生―自然は修復する

第四章 自由の多層性と社会の力学
  1 エスプリは世界を跳ねまわる
  2 自由とは不完全さのことである
  3 豊かさが富によって荒廃するとき
  4 四つの自由と市民精神
  5 多様性の連結体としての世界―社会は必要だ、しかし国家は?

結 び
  1 変化しつづける多様な社会をいかに記述するか
  2 異質な世界を見わたす思考
  3 文学と社会学―つながりのありか
  4 相対主義の陥穽を超えて―多元主義の社会学へ


あとがき
索引
装幀―難波園子


不協和音の宇宙へ はじめに

 人々の信念体系と政治と身分構造が相互にその根拠を説明しあう、いわば統合的な国家が、その調和の美しさをもって人々を圧倒していた時代―西欧においてアンシャン・レジーム期にある程度の完成をみた、この一見して矛盾なくつくりあげられた統合的世界観―のさまざまな物語は、いまだに重い存在感をもち、私たちの思考に影響を与えていることは否めない。その後に訪れた近代は、アンシャン・レジームを打倒し、人々を重いくびきから解放された社会へと導いたはずだった。しかし、いま私たちが近代の行き詰まりをみせた時代のなかにいることは、誰もが認めるところである。現在私たちの目の前にある世界はまさに、自由と平等はもちろん、統合と調和というスローガンがいたるところに蔓延している。近代によって宗教的束縛や身分から解放されたとはいえ、近代以降の私たちはいったいどれだけ自由になったのだろう。いまや、自由と平等が現実に意味するものは、将来をいかに計算するかという問題と終わりのない経済競争だけになりつつある。統合と調和は、異質な人々を排除し、同質的な内輪だけで充足することを肯定する役割しか果たさない。それでも統合と調和を叫ばなければならない時代とは、本当に近代がめざしたものだったのだろうか。この行き詰まりとはいかなるものなのか、を知るためには、私たちはそもそも近代によって何から解放され、何を継承せざるを得なかったのかについて、繰り返して吟味しなければならないだろう。

 ところで、現代の礎となる近代がいつ準備されたかについては、さまざまな角度から多くの説が並列しているが、最低でも私たちは十七世紀ヨーロッパまでは遡らなければならない。それは、啓蒙主義運動が胎動した時期である。そこから約一世紀をかけて、アンシャン・レジームは解体していった。しかしそれは、ただ跡形もなく消え去ったわけではない。解体のあとに、ふたたび新しい権力と新しい信念体系が発明され、それらの接合の模索がおこなわれたのである。そして当然ながらその新しい時代は、人間の知性のみによって、切り開かれなければならなかった―その確信は疑念を呼ばないほど圧倒的に十八世紀を呑み込んでいった。しかしその人間の知性とは、いったいどのようなものだったのだろうか。

 本書の第一部では、西欧のなかに伝統的に受け継がれている思想の方法について吟味している。すなわち、真実は普遍的に人間にとって貴重なものとして存在するのであり、また逆に、普遍的なものは信じるに足る真実である。だから、普遍概念の所在を探すことが、思想をつくりあげることに等しく、その普遍概念を尺度としてもちいることによって世界を認識することが可能となる。普遍概念による世界認識を共有できるのであれば、人々は誤謬に陥ることなくあらゆる人々と共存し和解することが可能である。以上のような思考の方法はアリストテレス以後の世界において、学問や思想の基調を成してきたといってよい。そして時代の転換とは、普遍概念の発見や交替によって引き起こされてきたことも事実である。第一章で論じるジャック・ボシュエは、カソリシズムを普遍概念としたし、その後の啓蒙主義から革命にいたる時代の思想家たちもまた、自然科学や合理性などという普遍概念を導き出すことによって、思想とその世界認識を作り上げてきた。もちろん普遍概念の模索にあっては、一人ひとりが目の前の社会の独自の課題に向き合い、その格闘の結果として、独自の思想を生みだしたのである。しかも十八世紀は、西洋文明が自分以外の地域の多様な文化を知る時代でもあった。貴族の青年たち、文人たち、詩人たちは旅をした―それは世界の多様性を学ぶのと同時に歴史を学ぶことでもあった。そしてかれらの知的努力がはじまる―多様な世界を理解するために必要な普遍概念とは何か。 世界はあまりにも多様だ―だからこそ、その多様性の奥に潜む不動の真実を発見しなければならない。また、多様な世界だからこそその世界と向き合う普遍的な尺度や価値観が必要になるのだ。そして十八世紀のほとんどの文人は、理解と判断の母胎として自然科学の合理的な物差しをつかうことになった。これこそが多様なものを比較し、判断し、評価するために最もふさわしい普遍概念であった。こうしてアンシャン・レジームを通して強化された普遍概念は、近代以降ずっと社会に深く刻印されていく。私たちは普遍概念の圧力をいやだと思っても逃げ出せないでいる。たとえば現代の私たちは、数字や情報にどんなに弱いだろう。現代では一人ひとりがその自由と権利をもって、個性的に生きることが認められてはいるが、結局は自分が個別的に信じる価値の檻のなかで、客観性や普遍性からの圧力を怖れ、孤独を道連れにしながら生きるしかないのだろうか。

それにしても多様性と向き合うために普遍概念との関係を断ち切れないということは、パラドックスではないだろうか?

 本書の第二部では、モンテスキューの全体像を描くことに専念した。

 モンテスキューは、周知のように十七世紀末から十八世紀の半ばまで生きた、フランス・ボルドーの領主であり高等法院の副院長だった人物である。かれはアンシャン・レジームが崩壊の予兆を色濃くみせた時代に生き、アンシャン・レジーム解体後を見据えた書物を書いたことは、他の人々と同じである。またかれは、旅もした―世界の多様性と歴史を学び、新たな時代を展望したのだった。しかし、多くの同時代の人々とは異なり、モンテスキューが最も警戒したのは、多様性を見るときに普遍的なまなざしを経由してとらえてしまうために、結局のところ見えなくなる部分がどれほど大きいか、ということであった。パリやローマ、隆盛するボルドー港によって強いつながりをもつイギリスなど、ボルドーの領地からそれらの個性的な諸文化に触れることのできたモンテスキューは、こんなに小さな一人の人間が普遍概念を認識できるとなぜ無前提に信じることができるのだろう、と素朴な疑問を終始持ち続けたのである。世界は多様だという事実、普遍性などというものを語ることへの疑義。これらを自らのなかに認めるところから、かれの思索ははじまる。そしてかれの好奇心は世界じゅうを飛び回りはじめる。ヨーロッパはもちろんアジア、日本まで。為政者たちの政治手法から、恋人たちのかけひきまで。ローマ時代から十八世紀の現在まで。そして鉱山の研究から人口の研究まで……。そしてモンテスキューは、人間が生きている活動のただなかで、現象を普遍的に客観的に確認しうると考えることそのものが、いかなる人間にとってももはや不遜であり、誤謬でさえあると、確信するのである。

 とはいえ、認識や理解が人間にとって不要になるわけではない。モンテスキューは、人間が多様であることを引き受けるところから、世界を把握する試みをはじめるのである。人間がその多様性からどんなに多くの恩恵を与えられてきたか。多様性と自由は社会にとって危険ではなく、むしろ社会の繁栄を支える重要な要素だという考え方は、近代産業社会のなかではほとんど忘れられてきたことである。また、その多様性がどんなに人間の可能性と深い関係をもつものなのか。かれは、人間の日常の何気ない行為から、国家を左右する権力者の選択に至るまで、あらゆる事象を扱いながら、この問題に接近していくのである。しかし同時に、観察し考察する人間そのものが有限で不完全な存在であることを、かれは忘れない。あらゆるものが制限をうけなければならない、何ものも不変ではないからである。認識者自身が必ずしも客観的にはなりえないにもかかわらず、記述できる社会とはどのようなものだろうか。開かれた多様性を排除せず、自由という動的な側面をも排除しないで、いかに社会はとらえられるのか。かれはその困難な問題と向き合い続けたといってよい。かれの敏捷な知の働きは、あらゆる偏見を警戒し、とどまることを拒否するのだが、その活動の全体を経由して、再び世界を認識する場所を獲得していく。そしてその知の活動には終わりがない。なぜなら世界はまた未知なるものと出会い、新しい可能性を引き寄せるからである。決して完全には理解し得ないからこそ、理解しようとする限りない努力が価値あるものとなるのだ。その限りない思考の旅路は、かれの相対主義を現実に適用可能なものにする力を与える。相対主義が普遍主義にまさる説得力をもつ可能性を、かれの挑戦から私たちは学ぶ必要があるだろう。モンテスキューの膨大な著作をつうじて、それら努力の軌跡を確認し、その結果としてのモンテスキューの人間観と社会観を明らかにすることが、本書の目的である。

 モンテスキューの観察眼をとおして人々の生活の現実を見る限り、ボシュエにしても啓蒙にしても、はたしてかれらの普遍概念が、どれほどのリアリティをもつものとして人々に受け止められていたのだろう、という疑いがわいてくるのを禁じ得ない。もしかすると、この統合的で普遍的な世界観が実際に現象していたのは、実はそう長い期間でもなく、広い地域でもなかったのではないだろうか。この問いはいつの時代にも存在しうる。そして、その問いの受け止め方あるいは受け止めの感覚のあり方は、思想の発想の仕方にも大きく影響を与えるのではないだろうか。

 第一部、第二部をつうじて、近代の刻印と現代の私たちとの関係、そして多様性と自由のある社会の原像をあきらかにしたい。そして多様なものの共存と平和への努力を、あらためて考える本でありたいと思う。