戻る

鳥越晧之 著

歳をとってもドンドン伸びる英語力
――ノウハウ力を活かす勉強のコツ


四六判160頁並製

定価:本体1600円+税

発売日 16.10.10

ISBN 978-4-7885-1487-4

cover


◆頑張らない・罪悪感なし・満足感あり!
 「若い時にもっと英語やっておけばよかった〜」後悔先にたたず? そんなことはありません! インターネットとほんの少しの教材だけで「Bレベル」の英語力に到達でき、それで十分なのです。お高い英会話スクールも教材もTOEFL受験もいりません。なぜ歳をとっても英語力が伸びるのか? 3か月続けるだけで確実に力がつくノウハウとは?  65歳から奮起し、いまや英語の講義を楽にこなし寝転んでペーパーバックを読める著者の実体験をもとに、勉強のコツを大公開。聴く力・読む力(インプット)を基本に話す力・書く力がつく、挫折しないトレーニング法を伝授します。著者は大手前大学学長。

歳をとってもドンドン伸びる英語力 目次

歳をとってもドンドン伸びる英語力 Prologueより

ためし読み

Loading

歳をとってもドンドン伸びる英語力 目次
Prologue だれもがドンドン伸びる英語力
@頑張らない・満足感あり・罪悪感なし〜波形トレーニングの利点〜
ABレベルの英語力で十分〜挫折せずだれもが実力アップ〜

Chapter 1 歳をとってもなぜ英語力は伸びるのか
@生物学的記憶力とノウハウ的記憶力
〜繰り返しは記憶力を高める〜
A成熟とノウハウ力
〜歳をとるほど総合的記憶力は高まる〜
B私の英語力はBレベル
〜短期間で駆け上がったコツ〜
 Coffee Break1 16ヵ国語をマスターした語学のプロ
CBレベルの英語力で講演OK
〜パワーポイントを活用して聴衆に語りかける〜
D文法と発音と単語の目標
〜間違いを恐れず自分に合ったレベルを〜

Chapter 2 英語力を高めるノウハウの基本
目標を立てる
〜英語をマスターするノウハウの基本 その1〜
@学ぶ意味を定める
〜ノウハウの基本 その2〜
A学ぶ必要を動機に 
〜ノウハウの基本 その2(続)〜
B聴く力と読む力が近道
〜ノウハウの基本 その3〜
Cインターネットの活用
〜ノウハウの基本 その4〜
 Coffee Break2 英語の成績がよくなかった人のノウハウ論

Chapter 3 聴く力を高めるノウハウ
@能率よく聴く力をつける
〜ノウハウの実行は留学にまさる〜
Aシャドウイング
〜聴く力をつけるトレーニング その1〜
B聴き取りとチェック
〜聴く力をつけるトレーニング その2〜
Cストーリー聴き
〜聴く力をつけるトレーニング その3〜
 Coffee Break3 聴く教材はなにがよいか
Dインターネット・You Tubeの活用
〜お金のいらないすぐれた教材 その1〜
Eもっとも推薦するTED活用法
〜お金のいらないすぐれた教材 その2〜
Fもう少しやさしいTED活用法
〜お金のいらないすぐれた教材 その3〜
Gやさしい授業や講演を探す
〜まだむずかしいときは その1〜
H10分だけ聴き取り
〜まだむずかしいときは その2〜
I音読は弱者を救う
〜まだむずかしいときは その3〜
 Coffee Break4 アマチュアの実力はプロをしのぐ

Chapter 4 読む力と単語力を高めるノウハウ
@辞書を引かずにニュースが読める
〜読む力をつけるトレーニング その1〜
 Coffee Break5 「ポップアップ辞書」の設定方法
Aやさしい読み物を楽しむ
〜読む力をつけるトレーニング その2〜
B多く読むと聴く力がつく
〜読む力をつけるトレーニング その2(続)〜
 Coffee Break6 読む教材はなにがよいか
C音読の効果・速読はしなくてよい
〜読む力をつけるトレーニング その3〜
D単語に30回出会えば覚えられる
〜3000語からコツコツ上積みを〜
E電子辞書・単語帳の活用法
〜私の単語の覚え方〜
F単語力は語源と勘で
〜割り切るのもひとつの覚え方〜

Chapter 5 発音と話す力を高めるノウハウ
@明瞭で正確な発音
〜美しい発音はあきらめる〜
A日本語と英語の発声の違い
〜鼻や胸が震えているか〜
B英語発声法の原理
〜喉や胸を響かせる〜
C英語回路に切り替える
〜話す力をつけるトレーニング その1〜
D英語回路で論理立てる
〜話す力をつけるトレーニング その2〜
E英会話を乗り切るコツ
〜話す力をつけるトレーニング その3〜
 Coffee Break7 発音と話す教材はなにがよいか

Chapter 6 書く力と文法力を高めるノウハウ
@日記のすすめ
〜書く力をつけるトレーニング その1〜
Aストーリーを想像する
〜書く力をつけるトレーニング その2〜
B論文を書く
〜書く力をつけるトレーニング その3〜
C冠詞の用法
〜ノン・ネイティヴにはむずかしい区別〜
 Coffee Break8 日本文化を捨てないと冠詞は理解できないのかも
D文法は英語理解のツール
〜文法こそ英語力を高めるノウハウ集〜
Eインターネットで英文法
〜なぜ?という疑問が浮かんだらすぐ検索〜

Chapter 7 シニア世代のノウハウ力がもつ底力
@1日の勉強時間
〜毎日3時間3ヵ月,むりなら10分でもOK〜
Aシニア世代の底力
〜歳をとったゆえのノウハウ力〜
B私の英語力の最高地点 
〜一度衰えてもすぐ戻れる〜

Epilogue 英語力を高める目標と学ぶ意味
@ノウハウは宝,だが魔法はない
A「取り返しがつかない」を突破せよ

引用文献・サイト
イラスト 谷崎圭/装幀 谷崎文子


歳をとってもドンドン伸びる英語力 Prologueより

@頑張らない・満足感あり・罪悪感なし
   〜波形トレーニングの利点〜
 私は68歳から根性を入れて英語の勉強をはじめることになった。その経験を書いたのが本書である。ところが,70歳以上になっても,ドンドン英語力が伸びるのである。これは私にとっては大きな驚きであった。それがこの本を書く動機となった。

 この本の基本姿勢は,「頑張る気持ちのあるときは頑張り,その気持ちのないときは頑張らない」という,ナントモ受験勉強には適さない考え方である。つまり上下に揺れる波形トレーニングの勉強法である。

 波形トレーニング法のよいところは,上下する波の下にいるときでも罪悪感が残らない。波なのだから上のときもあれば,下のときもあるという理解である。それでも着実に力はつく。歳をとったハンディを負っていても力はつく。

 英語力をつけるノウハウ本の多くは,私から見ると,修行僧のごとく固い決意で頑張るという,少し日常生活から逸したトレーニング法をすすめている。少なくともその著者たちは英語をマスターするのに「ヘェー,そこまでしたの!」という常軌を逸した勉強をしたという。読んでおもしろいエピソードである。

 そんなふうに頑張れる人は,うらやましいし,尊敬もする。けれどもそんな頑張りができるのは,まだ無理ができる体力が残っている50歳ぐらいまでであろう。私がそんなことをすれば,たちどころにベッドに倒れこみ寝込むことになる。

 経験的にいうと,短期間であれ,波の上でやる気のあるときは,けっこう新鮮な気持ちで集中してトレーニングができる。今日はメチャクチャ頑張ったナーという満足感をもって,一日を終えることができる。

 これは「頑張らない・満足感あり・罪悪感なし」という勉強法なのである。そのため,挫折しない長期間のトレーニングを持続できる。