戻る

ウヴェ・フリック 著/鈴木聡志 訳

質的研究のデザイン
――SAGE質的研究キット1


A5判並製196頁

定価:本体2100円+税

発売日 16.4.15

ISBN 978-4-7885-1474-4

cover


◆質的研究を行うとき、最初に参照するガイドブック!
 心理学、教育、看護学、社会学など、人間を対象とする学問分野では、質的研究がブームと言えるまでになってきました。しかし量的な研究に比較して質的研究は、一見自由に研究できるように思われがちですが、理論に基づいてしっかりとした研究デザインを立てなければ、意図する成果をあげられません。著者フリックは、日本でも知られる経験豊かな質的研究の第一人者です。実例をあげながら、どうリサーチクエスチョンを発展させるか、対象者の選択についてどう考えたらよいのか、質的研究にはどんな障害があり、どう克服したらよいか、倫理的な配慮をどのようにするかなど、質の高い質的研究をデザインするための勘所を、周到かつわかりやすく解説しています。

質的研究のデザイン 目次

質的研究のデザイン 本書について(ウヴェ・フリック)

ためし読み

◆「SAGE質的研究キット」シリーズ

Loading

質的研究のデザイン 目次
編者から(ウヴェ・フリック)
「SAGE 質的研究キット」の紹介
質的研究とは何か
質的研究をどのように行うか
「SAGE 質的研究キット」が扱う範囲

本書について(ウヴェ・フリック)

1 章 質的研究とは何か?
質的研究を定義する
質的研究の増殖
基本原理としての適合性
学問としての質的研究、応用という文脈における質的研究
道徳的言説としての質的研究
質と量─二者択一か、同じコインの両面か、組み合わせか
研究視角
質的研究の理論と認識論
質的研究─ 手法と態度
本書および「SAGE 質的研究キット」の構成

2 章 アイデアからリサーチクエスチョンへ
研究のための関心とアイデア─ 実例
ある研究視角をとる
質的研究で理論を使う
リサーチクエスチョンを発展させ
まとめ

3 章 サンプリングと選択とアクセス
質的研究におけるサンプリングの論理
サンプリングのための示唆
人びとのサンプリング
サイトと出来事を選ぶ
集団を構成する
コーパスを作る
事例内、資料内のサンプリング
アクセスを明確化することと必要な承諾

4 章 質的研究のデザイン
質的研究における研究デザイン
デザインに影響するものとデザインの構成要素
研究デザインの構成要素
質的研究の基本的デザインを使う
質的研究のデザインの実例
良い質的研究のデザインを特徴づけるものは何か?

5 章 資源と障害
はじめに
資 源
障 害
まとめ

6 章 質的研究の質
はじめに
質の良い質的研究をデザインする
質の良い質的研究を実行する
質的研究を報告する
まとめ

7 章 質的研究の倫理
準 備
リサーチクエスチョン
アクセスとサンプリング
データ収集
データ分析
執筆、一般化とフィードバック

8 章 言語データ
はじめに
インタビュー
フォーカスグループ

9 章 エスノグラフィー・データとビジュアル・データ
はじめに
エスノグラフィーと観察
ビジュアルな手法

10 章 質的データを分析する
はじめに
コード化とカテゴリー化
会話、ディスコース、ドキュメントの分析

11 章 質的研究をデザインする─ いくつかの結論
手法と基本デザイン
質的手法におけるデザインの問題
デザインの問題を明瞭にする─ 研究計画書を書く

訳者あとがき
用語解説
文 献
人名索引
事項索引
装幀=新曜社デザイン室


質的研究のデザイン 本書について(ウヴェ・フリック)

 研究デザインの問題は、質的研究では量的アプローチにおけるほど重要視されていない。しかし質的アプローチも計画される必要があるし、研究プロセスが進む中で決定しなければならないことがいろいろとある。リサーチクエスチョンを明確に述べる、サンプリング*について決定する、どのように一般化し、何を目標とするか、などである。これらは質的研究のデザインに影響を及ぼす問題であり、決断である。しかしそれらは、どのような種類の研究が詳細に計画されるかによって、違った形で現れるだろう。インタビューのためのサンプリングは、フォーカスグループ研究のグループを作るのとは違う。エスノグラフィー*におけるサイト*と人びとの選択は、写真や文書のアーカイヴのサンプルを作るのとは違う。こうした問題については、1つの手法について特定の観点から書かれたバーバー(Barbour, 2007)やアングロシーノ(Angrosino, 2007)の本で取り上げられるだろう。

 それと比べるなら、本書の焦点は、「SAGE質的研究キット」(以下「キット」)の他の巻よりもより一般的である。そのためここでは、デザインの問題をさまざまな角度から論じるが、「キット」の他の巻で再びさらに詳しく論じられるだろう。本書は他巻で取り上げられる特定のデザインに、質的研究における研究デザインを比較する視点を付け加える。たとえば、人、サイト、文書や内部資料、インタビューのようなさまざまなレベルでのサンプリングの問題と取り組む。また、より一般的な研究上の関心や個人的・政治的背景からリサーチクエスチョンがどのように発展するのかにも焦点を当てる。質的研究を手がける際の資源と障害についても問題にする。これらの問題を扱うにあたって、本書は「キット」の他の本よりも限定されたアプローチをしている。読者に質的研究を紹介するための具体的アプローチとして研究デザインを扱っているからである。この意味で本書は、「キット」の背景となる2つの機能をもっている。1つ目に、本書は単独の書物として、質的研究のデザインにおける諸問題とその解決について、包括的な説明を与えることを目指している。2つ目に、「キット」の他の本へのプラスアルファとして、実践的かつ方法論的レベルで、他巻の枠組みを要約して示している。