戻る

宮澤隆義 著

坂口安吾の未来
――危機の時代と文学


四六判上製288頁

定価:本体3200+税

発売日 15.2.20

ISBN 978-4-7885-1420-1

cover
cover
cover
cover


◆今またブームの予感!
 戦後、坂口安吾が広く読まれた時期が三回あります。1940年代、60年代、90年代で、戦後の混乱期、学生運動の最盛期、冷戦終結後の国際体制の変動期に当たります。そして今また未曾有の危機に直面し、ブームの予感があります。危機的状況で繰り返し甦り、読み直される安吾の魅力とは? 本書は、よく知られた「日本文化私観」「堕落論」や「桜の森の満開の下」だけでなく、「通俗的」とされる「ジロリの女」「不連続殺人事件」、さらには「土の中からの話」などの小品までを取り上げて、そこに通底する安吾の文学の核心に、通説に囚われることなく大胆に迫ります。気鋭の意欲作です。

坂口安吾の未来 目次

坂口安吾の未来 後書き

ためし読み

◆書評
2015年3月25日、日本経済新聞、陣野俊史氏評

Loading

坂口安吾の未来 目次
序章 危機の時代と文学
 一 「堕落」について
 二 逆説と矛盾
 三 変化と個体化

第一章 ファルスの詩学──坂口安吾と「観念」の問題
 一 何が「観念」と呼ばれるのか?
 二 意味と行為
 三 「純粋な言葉」と「実在」
 四 ファルスという経験
 五 変容への意志

第二章 ファルスは証言する──「風博士」論
 一 事件の構造
 二 ファルスは証言する
 三 「可能の世界」が示すもの
 四 「目撃者」の使命
 五 接続される言葉

第三章 坂口安吾と「新らしい人間」論
 一 一九三〇年代の坂口安吾
 二 坂口安吾とソビエト──「新らしき性格・感情」
 三 「環境」という問題圏
 四 「理知」と「動物」──『吹雪物語』
 五 転回──「ラムネ氏のこと」

第四章 「バラック」と共同性──「日本文化私観」論
 一 「バラック」という原理
 二 「模倣」と「発見」と
 三 「独自性」と共同性

第五章 情報戦と「真珠」
 一 日付と情報
 二 長距離飛行の果てに
 三 「本末?倒」な歩み
 四 真珠の粉

第六章 空襲と民主主義──「白痴」論
 一 「露路」と「掟」
 二 空襲下における生
 三 「火」と「太陽の光」
 四 民主主義と主体化

第七章 「思考の地盤」を掘ること──「土の中からの話」
 一 坂口安吾と「土地」
 二 中世と農地改革
 三 「土地」の不気味さ
 四 「思考の地盤」としての「土地」

第八章 暴力と言葉──「ジロリの女」をめぐって
 一 「ジロリ」の眼差し
 二 「金銭」について
 三 「家」と「秘密」
 四 暴力と言葉

第九章 法と構想力──「桜の森の満開の下」論
 一 法の宙吊りのなかで
 二 「市」と「魔術」
 三 「無限」のネットワーク
 四 切断と「桜」
 五 小説と「蛇足」

第十章 「トリック」の存在論──「不連続殺人事件」とその周辺
 一 民主主義と統治
 二 「推理」という行為
 三 「トリック」の存在論

終章 来たるべき文学
 一 個体化と主体化
 二 実存主義/主体性論争
 三 新たなはじまりへ向けて


後書き
初出一覧
索引


坂口安吾の未来 後書き

 本書は、二〇一一年六月に早稲田大学に提出し受理された博士論文をもとに、大幅な加筆訂正を加えて刊行されたものである。審査にあたっては中島国彦先生、高橋敏夫先生、十重田裕一先生、宗像和重先生、鳥羽耕史先生の御指導を受け、また大学院在学中にはゼミなどで佐々木雅發先生の御鞭撻をいただいた。跳ね返りの研究ばかりしていた私を長い目で辛抱強く育ててくださった先生方に、感謝の言葉だけでは謝意を表すことが到底できない。加えて、早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系の助手・助教として働いていた間に渡部直己先生、芳川泰久先生、貝澤哉先生、松永美穂先生、水谷八也先生、小沼純一先生からは主任としての職務上の御指導のみならず、研究上・思索上でも薫陶を受けた。また貴重な自らのお時間を割いて勉強会を開き、未熟な私にも研鑽の場を作っていただいた永野宏志さん、山本芳明先生からは、自分の方向性を考える上でかけがえのない機会をいただいた。編集者の渦岡謙一、小野雅喜両氏には多大なお手間をおかけした。この場を借りて皆様に篤く御礼申し上げたい。また本研究中にはJSPS科研費21720078の助成を受けた。そして、研究をともに続けてきた、あるいは様々な場所で有形無形の多くの刺激や励ましを与えていただいた、名前を挙げきれないすべての方々にも、ここで感謝の意を表したい。

多くが初出時から原型をとどめないほどに改稿されており、発表時期がずれこんだものがあるとはいえ、ここに書かれた論考のベースは、すべてが二〇一一年三月に起きた大震災と原発事故以前に執筆されていたものである。しかし後から読み返してみると、震災・事故後の状況に対して非常にアクチュアルで示唆的な言葉を安吾が様々に残していることに気づかされた。坂口安吾という作家は危機的な状況のなかで、あるいは人々を生存目的に拘束する諸制度が崩壊した地点において、常にものを考えていた人物であったということを実感している。何も拠るべきもののない所で世の中の前提と根拠を疑い続け、また生存のあるべき姿を問いつつ求め続けたこの作家は、これからも危機的状況が生まれるたびに、いつ何処へでもよみがえってくることになるだろう。

また本書の論を書き進めるなかで、坂口安吾という作家が世界的な観点から見てどのように生み出され、どのような時代を生きてきたのか、そのような読み方をしてゆく必要性を感じてゆくことになった。このことには、ある一つの言葉の影響を考えることができるかもしれない。かつて私は、二〇一一年震災の直前に亡くなられたフランス文学者の故江中直紀先生から、「文学は何でもあり」なのだという言葉を学生時代に聞いたことがあった。それから私は、文学とはそのようなものであると信じ、考えを進めてきたところがある。つまり文学とは、世界と歴史のあらゆる事象と関連をしながら書かれる何かであるという想念である。

このような考えに関して私は、それがファルス論で「すべてを肯定する」と書き綴った安吾の姿勢と通じるものであったのではないかと思っている。本書が様々な事柄どうしを関連させ論じようと試みているのもそのためである。いずれにせよ、何らかの形で「あらゆることを語ろう」としてゆく自由な存在のあり方こそは文学というプログラムが持っていた起爆力でもあるだろうし、その欲望と葛藤が世界から消え去ることはないであろう。私はこの貴重な力は、どのような形でか、人間の歴史のなかに必ず間歇泉のように吹き上げてくることは止まないだろうと考えている。

二〇一四年一一月
宮澤隆義