戻る

戈木クレイグヒル 滋子 編著

グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法
――


A5判並製232頁

定価:本体2100円+税

発売日 14.2.25

ISBN 978-4-7885-1371-6

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆GTAを学ぶ・使う学生・研究者待望の本!◆

GTA(グラウンデッド・セオリー・アプローチ)は、質的研究の代表的方法として大いに利用されるようになりました。しかしGTAは、単にマニュアルに従ってデータを分析すればよい、というものではありません。良いデータが得られなければ、良い分析はできません。本書は、研究のテーマをどう設定したらよいか、観察やインタビュー、画像データを用いてGTAに適したデータをどう収集したら良いかについて基本から丁寧に解説するとともに、著者のデータ収集トレーニングゼミでの議論を再現しながら、具体的な事例データに基づいて、実践的に勘所が学べるよう工夫されています。GTAを学び・用いる上で必読の本です。

グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法 目次

グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法 はじめに

ためし読み

◆書評
2014年5月、看護研究

Loading

グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法 目次

目  次
はじめに

第T部 グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法の基本

1章 日本におけるグラウンデッド・セオリー・アプローチの定着状況
1.質的研究法を用いた原著論文数の増加
2.グラウンデッド・セオリー・アプローチは正確に識別されているか
3.グラウンデッド・セオリー・アプローチは適切に用いられているか
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチを選択した理由の説明
(2)研究法に関する説明
(3)複数の研究法の併用
(4)データ収集
(5)データ分析
(6)新しい知見
4.けっきょくグラウンデッド・セオリー・アプローチは根付いたのか

2章 リサーチ・クエスチョンと研究の流れ
1.研究テーマの設定
2.先行研究の文献検討
3.リサーチ・クエスチョン
(1)リサーチ・クエスチョンの特徴
(2)質的研究におけるリサーチ・クエスチョン
(3)リサーチ・クエスチョンの確認をおこなう時期と内容
(4)リサーチ・クエスチョンの例
4.研究デザインと研究法の決定
5.収集するデータ項目の決定
6.研究計画書の作成と倫理申請

3章 グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法
1.インタビュー法によるデータ収集
(1)データ収集の方法
(2)テクストの作成
(3)テクストの検討
2.観察法によるデータ収集
(1)「地」と「図」をとらえる
(2)テクストの作成
(3)テクストの検討
3.インタビュー法と観察法を用いて作成したテクストの統合

4章 グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ分析法
1.グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いた分析法の特徴
(1)概念の抽出
(2)分析の中核となるプロパティとディメンション
(3)カテゴリー関連図
(4)分析が間違った方向に進まないための仕組み
(5)交互におこなうデータ収集と分析
2.グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いた分析法の手順
(1)オープン・コーディング
(2)アキシャル・コーディング
(3)セレクティブ・コーディング

第U部 データ収集法トレーニングゼミ

5章 データ収集法トレーニングゼミの概要
1.ゼミのねらい
2.ゼミの概要

6章 リサーチ・クエスチョンの検討
1.リサーチ・クエスチョンの立て方
2.インタビューにおけるリサーチ・クエスチョン
3.観察におけるリサーチ・クエスチョン
4.データ収集後の確認
5.院生の学び

7章 インタビューデータの収集 嶋希世子
1.インタビューの実際
2.テクストの検討
(1)自然な流れの中でインタビューが進んでいるか
(2)語り手の話を受けて、適切な質問ができているか
(3)リサーチ・クエスチョンに沿って必要なデータを収集するための舵取りができているか
(4)聞き手より語り手が話した量の方が多いか
(5)総論的な話ではなく、具体的な話を聞くことができているか
(6)リサーチ・クエスチョンに対応した答えが得られたか、それは、インタビュー前にはイメージできなかったようなものか
(7)リサーチ・クエスチョンに含まれる言葉をインタビューデータによって説明することができるか
3.リサーチ・クエスチョンの再検討
4.院生の学び

8章 映像を使った観察データ収集 安田恵美子
1.トレーニングに用いた映像データの概要
2.「地」をとらえる
(1)全体の状況をとらえる
(2)見取り図を描く
(3)時間の流れに沿って生じた出来事を書く
3.「図」をとらえる
(1)リサーチ・クエスチョンの設定
(2)リサーチ・クエスチョンに基づいた観察
4.テクストの作成
(1)リサーチ・クエスチョン設定前のテクスト
(2)リサーチ・クエスチョン設定後のテクスト
5.データ収集後の理論的サンプリング
6.院生の学び

9章 映像から収集したテクストの分析 岩田洋子
1.ゼミの概要
2.テクストの分析
(1)ラベル名の付け方
(2)カテゴリーの作り方とカテゴリー同士の関連づけ
(3)理論的比較と理論的サンプリング
3.院生の学び

10章 観察法を用いたデータ収集 安田恵美子
1.データ収集計画
2.テクストの検討
(1)「地」をとらえる
(2)「図」をとらえる
3.観察データとインタビューデータの統合
4.データ収集後の理論的サンプリング
5.院生の学び

11章 インタビューデータに観察データを加えたテクストの分析 岩田洋子
1.ゼミの概要
2.統合テクストの検討
(1)リサーチ・クエスチョンに応じた統合
(2)質の高いテクストの作成
3.統合テクストの分析
(1)ラベル名の付け方
(2)カテゴリーの作り方とカテゴリー同士の関連づけ
(3)理論的サンプリング
4.院生の学び

12章 観察法にインタビュー法を加えたデータ収集 三橋さゆり
1.研究の概要
(1)観察法とインタビュー法の併用
(2)データ収集の方法
(3)テクストの作成
2.ゼミでの検討内容
(1)データの収集
(2)テクストの作成
3.テクストの分析
4.今後のデータ収集と分析

おわりに
索  引


装幀=吉名 昌(はんぺんデザイン)


グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法 はじめに

1990年代半ば以降、わが国でも質的研究法に関する多くの書籍が出版されるようになり、原著論文の数が増えています。この流れは医療をフィールドとする研究領域にも影響を及ぼし、証拠に基づいた医療のための情報を収集・吟味することを目的とするシステマティック・レビューで作成されたコクラン・ライブラリでさえ、質的研究の結果をどう取り入れるのかを検討しています。また、質的研究によって導き出された知見を統合するメタ・シンセシス(Meta-Synthesis)や、質的研究と量的研究を合わせたミックスド・リサーチ・メソッド(Mixed Research Methods)も、これまで以上に注目されています。

ここでは、このような状況の変化の中で、なぜ私がこの本を書こうという気持ちになったのかを述べさせていただきたいと思います。

今までにおこなってきたこと
私は、1つひとつの研究は小石のようなものだと思っています。単体で完結することが多い芸術作品とは異なり、ある分野を発展させるためには、小石を積み上げるように研究成果を重ねていく必要があり、そのためには、個々の研究を積み上げやすい形にして発表する作業が必要となります(図1)。しかし、残念なことに、質的研究法を用いた論文の中には、積み上げにくい形をした作品が多いような気がします。それぞれの論文を見ると魅力的なデータが含まれたものが少なくないのに、これは大変もったいないことです(図2)。

良い質的研究作品を作り上げるためには、自分という道具の精度を高め、思い込みや通念などのバイアスを最小限にして、独創的であると同時に、他者にも理解できるデータの解釈や理論を提示することが必要となります。グラウンデッド・セオリー・アプローチ(以下GTA)はそれを可能にする可能性を秘めた方法だと思いますが、1994年に帰国した時に、かなり誤解した使われ方をされていると感じました。

そこで、初心者がGTAを理解し、使いこなしやすくするために、ストラウス版のGTAを一歩進め、プロパティ(分析者の視点)とディメンション(プロパティから見たデータの位置づけ)を軸にした分析をオリジナル版以上に強調した上で、カテゴリー関連図によって現象を把握するという方法を提案しました。プロパティとディメンションを意識的に使うことによって、分析者に自分の見方と、そこから見たときにデータがどう位置づけられるのかを意識させることができます。そこにさらにカテゴリー関連図を加えることによって、自分流の分析を無自覚に進めてしまう危険性を減らしたいと考えたのです(戈木クレイグヒル,2006, 2008, 2010, 2013)。

本書でおこなってみたいこと
このプロパティとディメンションを軸にし、カテゴリー関連図によって現象を把握するという方法を提案してから10年になろうとしていますが、GTAは本当に根付いたといえるのだろうかと、ここ数年、気になっていました。たまたま、『Routledge International Handbook of Qualitative Nursing Research』の監修者であるBeck博士から、日本における質的研究の現状についての章を依頼され、よい機会なので、日本の医療系の雑誌に発表された質的研究法を用いた原著論文数の推移と、GTAを用いたとする原著論文の中でGTAが適切に使われているのかを検討しようと考えました。

この結果については1章で紹介しますが、数という点から見れば、質的研究法を用いた論文の数は劇的に増えているにもかかわらず、質という点ではいろいろな問題が散見されることがわかりました。なかでも、リサーチ・クエスチョンが明示されていない論文が多いこと、データ収集の手順や内容に関して記載されていない論文が少なくないことが気になりました。

振り返れば、研究法=分析法という誤解があるように思います。質的研究法の講演といえば、いつも分析法の概説を依頼されます。多くの質的研究法に関する書籍では、データ分析の説明に大部分のページが割かれており、私自身も本の中でデータ分析を中心に説明してきたと反省させられます。しかし、ある分析法を使うためには、それに適したデータが必要です。良いデータが収集できなければ、良い分析はできません。

以上のような状況を鑑みたときに、データ収集法を中心に据えた参考書が必要だと考えるようになりました。本書では、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科の「データ収集法トレーニングゼミ」における院生とのやりとりを紹介しつつ、GTAを用いた研究をおこなう際のリサーチ・クエスチョンの立て方および確認の方法、インタビュー法と観察法を用いたデータ収集の方法を紹介したいと思います。

本書の構成
本書の「第・部 グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いたデータ収集法の基本」では、日本におけるグラウンデッド・セオリー・アプローチの定着状況(1章)を検討したあと、データ収集法の基本を身につけていただくために、リサーチ・クエスチョンと研究の流れ(2章)、GTAを用いたデータ収集法(3章)、データ分析法(4章)の順で説明します。

後半の「第・部 データ収集法トレーニングゼミ」では、ゼミでのデータ収集法のトレーニングとディスカッションの状況を紹介します。まず、ゼミの概要を紹介したあと(5章)、リサーチ・クエスチョンを検討したゼミの状況(6章)を紹介します。そして、インタビュー法を用いて院生が収集したデータを検討したゼミの状況を嶋さんが紹介します(7章)。

つぎに、観察法についてのゼミは、映像を使ったトレーニングからはじめました。映像からのデータ収集のトレーニングは、大きな学びが期待できるものの準備が大変です。8章は、実際にデータ収集ゼミに準備から関わってくれた安田さんが紹介します。また、そこで収集されたデータの分析のゼミを岩田さんが紹介します(9章)。

続いて、院生が観察法を用いて収集したデータの検討を、安田さんが(10章)紹介し、章の最後で、観察法で収集したデータとインタビューデータを統合する方法を学びます。そして、次の章では作成されたテクストの分析ゼミを岩田さんが紹介します(11章)。さいごに終章では、10章と反対に、観察法にインタビュー法を加えるという方法を使って博士論文研究のデータ収集をおこなった三橋さんが、そのプロセスを紹介してくれます(12章)。

執筆を担当してくれた4人は、数年にわたってこのゼミに参加し、ゼミを盛り上げてくれている人たちです。執筆作業では、ゼミの状況を録音したデータとメモをもとに、各章の担当者が原稿案を作りました。その後、原稿は担当者、副担当者、そして私の間を行き来しながら仕上がっていきました。ゼミでのやりとりを通してデータ収集の方法を伝えるというスタンスは共有されているものの、各章はそれぞれの担当者の個性が発揮されたおもしろい仕上がりとなったと思います。もともとは三橋さんの章と対の形で、データ収集の経験を書いてくれるはずだった照屋君(仮名)が忙しくなり、それができなくなってしまったのは残念でしたが、ともかくも目指したものが形になって嬉しく思います。

この場をお借りして、ゼミで共有したデータや発言を本書に使用することを快く許可してくれた大学院生の方々へお礼を申しあげます。また、新曜社の塩浦社長には、出版の機会を与えていただき、いつものように暖かく見守っていただきました。心から感謝いたします。

本書を通して、読者のみなさまがGTAにふさわしいデータを収集する方法を学んでくださることを願ってやみません。

[註]
[1] 医療関係者や医療政策決定者、さらには消費者に、合理的な意思決定に供することを目的として、イギリスの国民保健サービス(National Health Service)の一環として始まったもので、根拠に基づいた医療(Evidence-based medicine)の情報インフラストラクチャーと呼ばれています。データベースは、主にランダム化比較試験に基づくコクラン・システマティック・レビュー(Cochrane Systematic Reviews)で作成されています。

http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~ebm/cochrane_contents.htm

  [文献] 戈木クレイグヒル滋子(2006)『グラウンデッド・セオリー・アプローチ―理論を生みだすまで』新曜社
グラウンデッド・セオリー・アプローチをどう用いるのかを説明した入門書です。
戈木クレイグヒル滋子(2008)『実践 グラウンデッド・セオリー・アプローチ―現象をとらえる』新曜社
上記の続編で、グラウンデッド・セオリー・アプローチの基本を学んだ人が、実際の研究で収集した大量のデータをどう分析するのかを説明したものです。
戈木クレイグヒル滋子(2013)『質的研究法ゼミナール―グラウンデッド・セオリー・アプローチを学ぶ(第2版)』医学書院
ゼミを通してグラウンデッド・セオリー・アプローチを学ぶ/教える方法をまとめたものです。初版は2005年でしたが、その後2008年の増補版を経て、大幅に書き替えた改訂版になっています。
戈木クレイグヒル滋子(2014)『グラウンデッド・セオリー・アプローチ 分析ワークブック(第2版)』日本看護協会出版会
グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いた分析法を独学で学ぼうとする人向けのワークブックで、各章には練習問題とカテゴリー関連図までの回答例を示しています。2010年に発刊したものを基に書き替え、第2版となりました。