戻る

矢守克也・前川あさ美 責任編集

災害・危機と人間
――発達科学ハンドブック7


A5判上製320頁

定価:本体3400円+税

発売日 13.12.17

978-4-7885-1365-5

cover


◆「災害・危機」という経験は、個人や関係の発達にどのような影響を与えていくのか?◆

東日本大震災は私たちの暮らしを根底からゆさぶり、人間の本質や社会のありようを深く考えさせるものでした。多様な災害・危機に、人はどのように対処すべきなのでしょうか?

本書では、自然災害、汚染物質、戦争、虐待といった危機的状況が、個人、家族、社会・文化に与える影響を発達科学の観点から検証し、死と喪失、リスク認知、メディアの役割、ボランティア、復興のプロセスなどのキーワードから、災害時、また支援や防災における人間の行動・発達にアプローチします。事例編では現場へのフィードバックにも役立つ貴重な実例を紹介。理論・方法論と実践的視点から災害社会を生き抜く道を探ります。


災害・危機と人間 目次

災害・危機と人間 序章

ためし読み
Loading

災害・危機と人間─目次
目次
『発達科学ハンドブック』発刊にあたって

序 章 災害・危機と人間―― 矢守克也・前川あさ美
第T部 総括編
第1章 臨床・発達からみた災害・危機 前川あさ美
 第1節 心の傷――トラウマ――とは
 第2節 トラウマ後の心理的反応
 第3節 トラウマ後の子どもの心のケア
 第4節 心のケアに求められるゴール

第2章 社会・文化からみた災害・危機 矢守克也
 第1節 「選択」と「運命」
 第2節 「災害」と「犯罪」
 第3節 「喪失」と「再生」
 第4節 「世直し」と「立て直し」

第U部 領域編:人間を取りまくさまざまな災害・危機
第3章 自然災害― 近藤誠司
 第1節 自然災害と時間
 第2節 自然の外力にみる猶予時間の諸相
 第3節 自然災害が頻発する時代における生の充溢

第4章 原子力災害(人災,福島,チェルノブイリ) 中嶋励子
 第1節 福島第一原発事故と住民の避難
 第2節 原子力災害が住民の心理にもたらす影響
 第3節 原子力災害が地域社会にもたらした影響

第5章 戦争・テロ― 釘原直樹
 第1節 集団・国家間の紛争
 第2節 テロ

第6章 パンデミック― 吉川肇子
 第1節 パンデミックとは
 第2節 インフルエンザ・パンデミック
 第3節 パンデミックの社会的影響

第7章 ネット社会が生み出す災害・危機― 関谷直也
 第1節 ネット社会が危機を生成する
 第2節 ネット社会が危機を拡大する

第8章 学校における災害・危機― 瀧野揚三
 第1節 学校における危機と対応
 第2節 学校の危機管理の概要
 第3節 教職員に必要な心理教育と対応の基本
 第4節 中・長期にわたる継続的支援

第9章 子どもの虐待という危機― 菅野 恵・前川あさ美
 第1節 子どもの虐待が起こる背景
 第2節 子どもの虐待の発見とその影響
 第3節 虐待への対応・支援

第V部 キーワード編:災害・危機を解き明かす
第10章 愛着― 井上孝之
 第1節 愛着とは何か
 第2節 愛着形成過程における危険要因と愛着障害
 第3節 東日本大震災と愛着の問題

第11章 解離性障害― 柴山雅俊
 第1節 はじめに――解離の症候学
 第2節 解離と病因――個体側と環境側の要因
 第3節 解離と愛着
 第4節 解離と外傷体験――自験例のデータから
 第5節 おわりに――自己を支える場

第12章 悲嘆の心理― 金谷京子
 第1節 喪失体験と悲嘆のプロセス
 第2節 災害時悲嘆
 第3節 サバイバーズ・ギルト
 第4節 子どもの悲嘆
 第5節 悲嘆のケア

第13章 レジリエンス― 川野健治
 第1節 レジリエンスの軌跡
 第2節 自然災害とコミュニティのレジリエンス
 第3節 環境に埋め込まれた個人とレジリエンス

第14章 支援者のバーンアウト― 平野幹雄
 第1節 筆者にとっての東日本大震災と喪失感
 第2節 支援者のバーンアウト
 第3節 支援者としての心の傷つき
 第4節 支援者が自身を守るために重要なこと
 第5節 まとめ 

第15章 死と喪失― やまだようこ
 第1節 死別と喪の作業
 第2節 ナラティヴ(語り・物語)による喪失の意味づけ
 第3節 語りと語り直し――ナラティヴによる死の意味の再構成

第16章 リスク認知― 上市秀雄・楠見 孝
 第1節 一般市民のリスク認知の重要性
 第2節 市民のリスク認知を支える情報処理過程とバイアス
 第3節 専門家が留意すべきこと
 第4節 まとめ

第17章 メディアの役割 外岡秀俊・今野公美子
 第1節 一般向けメディアの役割と課題
 第2節 子どもに災害を伝える

第18章 ボランティア(ボランティア活動,NGO)― 渥美公秀
 第1節 ボランティアとは
 第2節 災害ボランティア
 第3節 災害ボランティアの原点への再回帰

第19章 障害者支援― 安達 潤
 第1節 災害がもたらすもの
 第2節 災害後の生活を支えること
 第3節 発達科学にできること

第20章 防災教育― 城下英行
 第1節 これまでの防災教育観
 第2節 新しい地震防災教育
 第3節 新たな防災教育の意味

第21章 復興のプロセス 宮本 匠
 第1節 成熟社会とはなにか
 第2節 成熟社会の復興プロセス
 第3節 復興プロセスを記述する

第22章 コミュニティ支援 伊藤哲司
 第1節 はじめに――“明るい”被災地
 第2節 「心のケア」から「コミュニティ支援」へ
 第3節 災害を踏まえたコミュニティ支援の事例
 第4節 おわりに――支援者の立ち位置

第23章 災害・危機への研究アプローチ 八ッ塚一郎
 第1節 支援と研究の「両立」
 第2節 理論を通した実践
 第3節 客観性の転換

第24章 学会・職能団体の連携による支援:臨床発達心理士会・
東日本大震災支援対策本部の活動を中心に 長崎 勤
 第1節 学会や職能団体にとってのチャレンジとしての震災
 第2節 臨床発達心理士の活動
 第3節 他の学会・職能団体による支援
 第4節 おわりに――「心のケア」を超えた継続的支援の方法,
     そして新たな支援哲学の模索へ

第W部 事例編
第25章 乳幼児の事例
 ●トラウマを経験した幼児の事例 前川あさ美
 第1節 乳幼児が見せるトラウマ後の反応
 第2節 乳幼児の「死」の理解と喪失への反応
 第3節 乳幼児が見せるポストトラウマティック プレイ

 ●アスペルガー症候群をもつ幼児の事例 西本絹子
 第1節 対象児をめぐる問題の概要
 第2節 問題状況の整理と支援

第26章 学齢期の事例
 ●これからの防災教育はどうあるべきか:
 釜石の事例に学ぶ―― 片田敏孝
 第1節 “自分の命は自分で守る”主体性を育む防災教育

 ●通学路の変更が登校渋りを引き起こす
 要因となった事例―― 佐々木暁子
 第1節 対象児をめぐる問題の概要
 第2節 対象児への支援
 第3節 まとめ

第27章 思春期・青年期の事例
 ●高校の環境防災科における防災教育 諏訪清二
 第1節 防災教育の領域
 第2節 学力のとらえ方
 第3節 能動的な活動で育てる学力
 第4節 災害ボランティア

 ●大学生の被災地支援― 関 嘉寛
 第1節 参加の動機
 第2節 対人コミュニケーション
 第3節 事前・事後の学びと学生ボランティア

第28章 保護者の事例
 ●福島第一原発事故により避難生活を送る家族:
 幼い子どもを抱える保護者の困難とは 東 敦子
 第1節 事例の概要
 第2節 まとめにかえて

第29章 成人期の事例
 ●震災遺族が「生きる希望」を見いだすとき 魚住由紀
 第1節 震災後に残された遺族たち
 第2節 まとめ

 ●阪神・淡路大震災,東日本大震災における
 避難所,仮設住宅から 黒田裕子
 第1節 避難所
 第2節 仮設住宅

第30章 高齢者の事例
 ●高齢者にこそ必要な支援のあり方 中村淳子
 第1節 東日本大震災における高齢者の事例
 第2節 震災と高齢者の心の危機
 第3節 被災した高齢者のこれから

第31章 障害児・者の事例
 ●自然災害と障害をめぐる国際的動向 阪本真由美
 第1節 自然災害と障害のある人
 第2節 阪神・淡路大震災による障害者
 第3節 災害障害者支援のとりくみ――インドネシアの事例より
 第4節 自然災害と障害のある人をめぐる国際的な取り組み

 ●東日本大震災が障害をもった子どもたちに与えた影響 須藤幸恵
 第1節 避難直後の障害児
 第2節 震災後2週間〜4カ月の間の障害児
 第3節 震災後4カ月以降の障害児
 第4節 震災が障害児に与えた影響について

人名索引
事項索引
編者・執筆者紹介

装丁 桂川 潤






災害・危機と人間 序章

矢守克也・前川あさ美

 本書は,一連のシリーズとして刊行されている「発達科学ハンドブック」の一冊である。これまで,すでに,1巻『発達心理学と隣接領域の理論・方法論』,2巻『研究法と尺度』,3巻『時間と人間』,4巻『発達の基盤:身体,認知,情動』,5巻『社会・文化に生きる人間』,6巻『発達と支援』の6つの巻については刊行済である。このラインアップからわかるように,本シリーズは,理論・実践・方法の各視点から,発達科学の全容について体系的に叙述することを目指している。

 この7巻では,「災害・危機」にフォーカスをあて,この視点から人間の発達について考察を深めることを目的としている。事の本質は,つつがない日常の中にあると考えることもできるが,他方で,災害・危機という異常事態においてこそ,良きにつけ悪しきにつけ,人間の本質や社会のありようが浮き彫りになるとの考え方にも大きな説得力がある。個人や関係の発達という現象も,けっして例外ではない。災害・危機という経験がこれらの発達にどのような影響を与えていくか,あるいはこうした発達がどのように災害・危機とむきあい,つきあうことを可能にするのか,本書では多様な角度から検討していくことになる。

 今この時期に,「災害・危機」という視点をとりあげた背景には,もちろん,「東日本大震災」の存在がある。モーメントマグニチュードは9.0,2013年9月の時点で判明した死者・行方不明者の合計は1万8,537人を数えた(警察庁,2013)(なお,同震災にともなう死者・行方不明者の統計値には,ここで紹介した警察庁発表によるものと,市区町村に届け出られた死亡届等をもとにした厚生労働省によるものなど,複数存在する)。さらに,巨大津波の影響による原子力発電所の事故もともない,日本全国が想定を遙かに超えた大規模な危機を体験することになった。未曾有の大災害の余波は2年以上が過ぎた現在も継続していて,地震・津波,そして原発事故の直接・間接のダメージは被災地を中心に,子ども大人を問わず,多くの人びとの暮らしに深刻な影響を与えている。

 ところで,災害・危機は,自然災害に端を発するものだけではない。現代社会は,自然災害以外にも,汚染物質,戦争・テロ,犯罪や虐待など,人工物や人間そのものに由来する多くの危機にも直面している。そして,こうした危機的状況において,とりわけ辛い立場に立たされるのは,多くの場合,子ども,障害者,高齢者など,発達科学の観点からも十分な留意を要する人びとである。

 ここで,上記の認識にもとづいた本書の構成を説明する。第T部においては,「災害・危機」と人間や社会とのかかわりについて二つの観点から概観し,本書全体の見取り図とした。一つは,発達心理学・臨床心理学的観点で,災害・危機が子ども,大人といった個人の心や健康に与える影響についてとりあげている。もう一つは社会学・防災心理学・災害文化といった観点から,災害・危機と人が生きる集団,社会,時代とのかかわりを概括的かつ包括的に論じている。本書は,この第T部に続いて,以下の3部から構成されている。

 まず,第U部は「領域編」とし,人間を取りまくさまざまな「災害・危機」について,領域・分野ごとに論じている。前述したように,災害・危機といっても,その顔は多様である。人生においてそう頻繁には体験することがないだろう大規模な自然災害や飛行機事故,殺人事件といった災害・危機もあれば,逆に一回限りということは少なく,日常の中で反復的に体験することになるだろう虐待やいじめといった危機もある。また,多数の人を巻き込む戦争・テロという危機もあれば,被害者はひとりかふたりといった事件や事故もある。あるいはまた,自ら従軍したり事故機に乗り合わせたりというように直接的に体験する危機もあれば,映像や文字を通して,あるいは話を聞くことで間接的に体験する危機もある。こうした「災害・危機」の多様性や固有性に注目をし,人間の心や社会に投げかける課題を順次明らかにしていく。

 続く第V部は「キーワード編」とし,「災害・危機」と人間のかかわりに潜む根幹的課題について15のキーワードからアプローチする。ここでは,それぞれのキーワードから,第U部とは対照的に,「災害・危機」の多様性や固有性よりも,共通性や一般性に光をあてて理解を深めていく。つまり,ここでのキーワードは,第U部で扱ったいくつもの「災害・危機」を論じる中で複数にまたがって登場するものであり,もちろん,「災害・危機」とは関係のないところでも,人間の心や行動,発達を理解するうえで鍵となるものである。さらに,ここでは,「災害・危機」の共通性や一般性を土台に,発達科学が,「災害・危機」の予防や克服にどのように貢献していくことができるのかといった課題も検討していく。

 最後に,第W部は「事例編」とし,「災害・危機」が子どもや大人に与える影響について具体的なイメージを読者に提供するとともに,それらへの支援の実際や,課題や限界について紹介することを目的としている。それぞれの事例からは,特殊な事態への貴重な事実の記録,および「災害・危機」を超えて応用可能な支援のありようといったものが学び取れるはずで,発達を科学する際に必要な固有性・独自性と共通性・一般性の両方の観点を具体的に体感することができるであろう。さらに,第W部の各章を,発達科学を支える主軸である年齢要因を軸に配列することで,第V部までの議論や考察を,学校,家庭,各種の施設など,今後,「災害・危機」に対処することが要請される現場へとフィードバックする際の手引きにもなるのではないかと期待している。

 「ハンドブック」というものの性質上,本書では,多種多様な専門領域とアカデミックなバックグラウンド,あるいは実践的なご経験をおもちの多数の方に執筆をお願いした。したがって,書きぶりにも個性があり,違いがみられ,それだけでなく,主義・主張にもバラエティがみられる。場合によっては,相互にコンフリクトを起こす内容すら含まれていることに,読者はお気づきになるだろう。これは,このテーマには未知の部分がいまだに多く,いま現在も,人類は一つ一つの「災害・危機」との出会いを通して新しい事実と出会い,経験を積み重ね,学んでいるところだという証であるともいえる。それゆえ,本書にみられる多様性や葛藤・矛盾は,未知と向き合いつつ,理解を深めようと奮闘する私たちには必要であり,「災害・危機と人間」に関する発達科学の現在の姿を謙虚に提示するものであると考え,編者としては,ありのままに提示することが大切だし,またそうすべきだと考えた次第である。

 最後になったが,本書が,「災害・危機」に直面している方々,そうした方々を励まし支援しようとしている方々,あるいは,「災害・危機」を予見し事前にそれを回避・軽減しようと研究している方々のための一助となることを心から願っている。

  引用文献

警察庁.(2013).平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置.〈http://www.npa.go.jp/archive/keibi/biki/higaijokyo.pdf〉(2013年10月1日)