戻る

岡 昌之・生田倫子・妙木浩之 編

心理療法の交差点
――精神分析・認知行動療法・家族療法・ナラティヴセラピー


四六判上製320頁

定価:本体3400円+税

発売日 13.9.1

ISBN 978-4-7885-1349-5




◆心理療法の異同と本質に鋭く迫る◆

近年「第2世代」「第3世代」と呼ばれる新たなアプローチが続々と生み出されている心理療法。本書では、学校臨床・医療臨床等の架空事例を設定して、精神分析、認知行動療法、短期/家族療法、ナラティヴセラピーといった異なる立場から見立てと介入方針をそれぞれ説明し、さらにクライエント中心療法の実践家からのコメントも「交差」して、これら代表的な学派の異同と本質に鋭く迫ります。収録された座談会では各アプローチの特長の醍醐味を味わえるとともに、心理臨床を志す学生さんは、自分だったらどんな立場で議論に加わり、どのように主張できるだろうかと臨場感をもって考えることができます。

心理療法の交差点 目次

心理療法の交差点 まえがき

ためし読み

続編
心理療法の交差点2
書評
2014年1月1日、こころの科学173号、森岡正芳氏評
Loading

心理療法の交差点 目次
まえがき
第Ⅰ部 本書に登場する心理療法
第一章 精神分析とは
第二章 認知行動療法とは
第三章 短期/家族療法とは
第四章 ナラティヴ・セラピーとは

第Ⅱ部 事例の検討
事例1 学校臨床の事例
 ・事例の概要
 ・事例1の見立てと介入 ― 精神分析
 ・事例1の見立てと介入 ― 認知行動療法
 ・事例1の見立てと介入 ― 短期/家族療法
 ・事例1の見立てと介入 ― ナラティヴ・セラピー
 ・事例1をめぐって

事例2 医療臨床の事例
 ・事例の概要
 ・事例2の見立てと介入 ― 精神分析
 ・事例2の見立てと介入 ― 認知行動療法
 ・事例2の見立てと介入 ― 短期/家族療法
 ・事例2の見立てと介入 ― ナラティヴ・セラピー
 ・事例2をめぐって

事例3 複雑な問題を抱える家族の事例
 ・事例の概要
 ・事例3の見立てと介入 ― 精神分析
 ・事例3の見立てと介入 ― 認知行動療法
 ・事例3の見立てと介入 ― 短期/家族療法
 ・事例3の見立てと介入 ― ナラティヴ・セラピー
 ・事例3をめぐって

第Ⅲ部 心理療法の交差点
 ・座談会
 ・座談会後日談(Eメール)

編者あとがき


心理療法の交差点 まえがき

 私はかつて次のように書きました。「心理療法が多様なのは、人間の多様性、文化、社会、個人の人間的特質の多様性があるからである。一言で言えば、心理療法とは人間的コミュニケーションによる関係の微調整であり、クライエントがより良い生活、人間関係を生きられるようなキッカケを与える、知性的および感性的な一連の体験の構造化である。それは必然的に、人間の文化の微細な様相に関わり、それゆえに工学や医学の得意とする科学・技術的過程の単純明快さとは、異なる様相を表すことになる」―(『臨床心理学とは何だろうか』第8章 新曜社、二〇一一)

 さらに私は次のように書きました。「そしてまた、これら多くの心理療法は、ばらばらに切り離されて存在しているのではなく、歴史的にも社会的にもつながっており、そのつながりの様子もまた複雑であり、多様なのである。そもそも、このような問いを発して答えを手探りするという心的作業の意味は、その試みを通して、心理療法という発想と技術の本質を考えるというところにあるのではないかと筆者は考えており、その線で以下の考察を進めていきたい。この章が心理療法に関心をもつ読者の『考えるヒント』になったら幸いである」(同右)

 そうしたことを常々考えていた私にとって出会いがありました。二〇一〇年の日本心理臨床学会の秋季大会で、東北大学の長谷川啓三先生の企画により「セラピーの交差点」という興味深いシンポジウムが開催され、私もコメンテーターとして参加しました。

 このシンポジウムは、異なる立場で心理療法を実践される四人の先生方が、司会者の生田倫子先生から提供された事例の見立てと介入方針をそれぞれ解説し、お互いの異同を自由にディスカッションするというものでした。

 本書はこのシンポジウムで知り合った心理療法家のグループによって企画立案されました。異なる立場の心理療法として、精神分析(妙木浩之先生)、認知行動療法(富家直明先生)、短期/家族療法(花田里欧子先生)、ナラティヴ・セラピー(三澤文紀先生)にご登場いただき、第Ⅰ部ではそれぞれの心理療法ごとに基本的な考え方などが説明され、第Ⅱ部では前述の考えや視点にのっとる形で、事例の見立てと介入方針がそれぞれ解説されています。さらに第Ⅱ部では、私もクライエント中心療法的な視点から、事例の見立てや先生方の論述についてコメントを寄せました。

 そして、本書のクライマックスともいえるのが、第Ⅲ部に収載された座談会です。ここでは第Ⅰ部と第Ⅱ部の内容をめぐって、それぞれの立場から議論が交わされ、各アプローチの異同と本質について鋭く迫るスリリングな展開となっています。その複雑微妙なプロセスを追う楽しみは、生の心理療法の実践を学ぶ楽しみとなるでしょう。この本が、心理療法に関心をもつ読者にとってまさに「考えるヒント」になったら幸いです。

 最後に、本書の出版を快諾してくださった長谷川啓三先生に心より感謝申し上げます。先生と私とは、はるか昔にやはり日本心理臨床学会の自主シンポジウムで初めて知り合った仲であると記憶していますが、その後は学会の懇親会などで歓談することが多く、先生の快活でスケールの大きなイメージ世界はいつもとても印象的なものでした。ある研究会での、「世界はメタファーや!」というご発言は、今でも私の脳裏に刻まれています。そのようなささやかな交流が、今回このような成果に結びついたことを、感慨を込めて振り返っています。ありがとうございました。

   二〇一三年七月 編者を代表して
岡 昌之