戻る

佐藤雅浩 著

精神疾患言説の歴史社会学
――「心の病」はなぜ流行するのか


A5判上製520頁

定価:本体5200円+税

発売日 13.3.28

978-4-7885-1334-1

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ



◆現代の「うつ病」流行にも示唆◆

ノイローゼ、うつ病などの「心の病」(精神疾患)には、あきらかに「流行」があります。日露戦争前後に「神経衰弱」「ヒステリー」がはやり、大正期には「外傷性神経症」が現われ、第二次大戦後には「ノイローゼ」が大流行しました。このような流行はどのように発生し、流布したのでしょうか。日本近現代の精神疾患についての言説を、『朝日新聞』『讀賣新聞』などの記事(生活相談など)のなかにたどり、専門家集団(帝大を頂点とする精神医学者)、マスメディア(大衆紙)、患者の三者のダイナミズムをとおして形成される「流行」が個人と社会・時代の関係の表現(社会認識)であること、そして精神疾患(言説)の歴史をさぐることは「社会の境界(ゆらぎ)」を明らかにすることであるという魅力的な主張が展開されます。気鋭の力作評論です。


精神疾患言説の歴史社会学 目次

精神疾患言説の歴史社会学 序章

ためし読み

◆書評

2013年7月12日、週刊読書人、江口重幸氏評

Loading

精神疾患言説の歴史社会学─目次

序 章

第一章 精神疾患言説の歴史を分析するということ
一 先行研究の検討
二 本書の社会学的意義
三 本書の視角─精神疾患と構築主義
四 本書の基本仮説
五 本書の分析対象─マスメディアにおける大衆的な精神疾患言説
六 分析視角と方法
七 分析指標 
八 本書の構成と時代区分 

第二章 明治の新聞における精神疾患言説─狂気と神経病をめぐって
一 明治初頭の「狂気」に関する言説
二 発狂の原因論─その類型と属性
三 神経病と文明開化─西洋医学的知識の受容と抵抗
四 明治前半における精神疾患と医学の表象
五 明治二〇年代における報道内容の変化─衛生記事の増加
六 大津事件と衛生報道
七 小 括 

第三章 帝国日本の神経病と神経衰弱─日露戦争以降の精神疾患言説
一 日露戦争と敵将の神経衰弱
二 神経衰弱言説の構成過程─専門家先導型の精神疾患言説
三 ヒステリー言説の構成過程─逸脱報道先行型の精神疾患言説
四 神経衰弱とヒステリー言説の比較 
五 「神経衰弱」と「ヒステリー」流行の構造的背景
六 社会問題化の文脈 
七 婦人欄と神経病─ホームドクターとしての医師 
八 精神医学への批判と懐疑

第四章 外傷性神経症概念の盛衰と心因論の興隆
一 外傷性神経症とは何か
二 日本における外傷性神経症研究の受容と展開
三 外傷性神経症研究の実施要因─災害補償、産業衛生、労働運動
四 外傷性神経症研究の衰退 
五 「神経衰弱」と「ヒステリー」における病因論の転換と継承

第五章 高度経済成長の病─ノイローゼの時代
一 ノイローゼ流行の背景
二 ノイローゼ言説の特性
三 社会不安とストレス
四 逸脱報道への適用
五 ノイローゼを病む─読者投稿の分析から
六 ノイローゼのゆくえ─身体症状の前景化、逸脱報道からの撤退

第六章 結 論
一 発症モデルの変容に見る近代日本の精神観と社会観
二 各時代の言説空間
三 大衆化された精神疾患言説の普遍的構造
四 医学的知識の大衆化要因
五 結 論

注 
あとがき
参考文献
事項索引
人名索引
装幀─難波園子





精神疾患言説の歴史社会学―序章

本書の目的

 本書は、近代日本(一九世紀後半から二〇世紀後半)の精神疾患に関するマスメディア報道を主たる分析対象として、精神疾患に関する大衆的な言説の構成と変容の過程、およびその動因を社会学的に考察するものである。

 本書の目的は、(一)こうした言説の変容過程を通時的に記述し、近代日本における大衆的な精神疾患言説の実態、およびその社会史的背景を考察すること、(二)精神疾患に関する言説が、専門家間での議論を超えて、広く一般社会に広まる理由を、比較歴史社会学の視点から分析すること、以上二点にある。これらの研究課題を包摂する概念として、本書では、「精神疾患言説の歴史社会学」という用語を用いる。

 後述するように、これまでも、社会学とその近接領域においては、さまざまな観点から精神疾患や精神医学に関する歴史を描こうとする試みがなされてきた。近代日本のマスメディアに現われた精神疾患言説を分析するという本書の課題も、精神疾患の歴史を分析するという意味においては、これらの歴史研究と共通した試みであるといえる。

 しかし、これら先行研究と本書の立場は、対象を分析する際の目的、および視角の点において、その立場を大きく異にしている。あらかじめここで本書の視角を明記しておくとすれば、本書は、精神疾患に関する医学史的、制度史的、疾病史的な「史実」の発掘を目指すものではなく、精神疾患をめぐって多様な属性の人々が構成してきた言説の歴史を追うことで、そこに見いだされる近代日本の集合的な心性を描こうとするものである。言葉を換えれば、本書は、精神疾患という現象そのものについての歴史記述ではなく、精神疾患について人々が思考し、討議し、また暗黙のうちに共有してきた観念についての歴史研究と位置づけられる。

 本書が、精神疾患に関する医学のテクストや、当事者の記録ではなく、精神疾患という現象をめぐって構成されてきたマスメディアのテクストを分析することも、こうした目的意識に基づいている。本書が考察したいと願うのは、近代社会において、精神疾患とは直接の関係を有さなかった多くの人々にとって、この疾患が何を意味し、また彼ら/彼女らがこの疾患を眼差すそのあり方のなかに、各時代を生きた人々の、精神疾患に対するどのような社会意識が見いだされるのかという課題である。

精神疾患に対する配慮の日常化

 私がこうした問題意識を抱くに至った理由は、現代社会における精神疾患の流行、あるいは過剰な精神医療対象化の進展(佐々木?二〇〇七:九六)と呼ばれる現象がある。すぐ後で見るように、今日の社会では、「うつ病」患者の増加に見られるように、これまで以上に多くの人々が精神疾患の「患者」として定義され、精神医学的な治療を受けることがますます一般的なことになっている。また、リスク論から影響を受けた近年の論者が指摘するように、現代社会においては、病院や医師患者関係を離れた日常的な空間においても、疫学的なリスク評定に基づいた疾患の自己監視が常態化するようになってきている(Clarke et al. 2003)。精神疾患という問題に引きつけていえば、巷に流通する簡易なチェックリストや、通俗的な精神医学の知識にもとづいて、自らの精神状態を常に監視の対象とするような態度が、人々のあいだで一般化してきていると言えるだろう。

 しかし、こうした現象がなぜ、どのような社会的メカニズムによって可能になっているのかという点については、これまで、経験的な研究が手薄であった。この点について本書は、医学とマスメディア、そして、メディアからの情報を受容する読者という三つのアクターを設定し、それらがどのような影響関係のもとに精神疾患に関する大衆的な知識を流通させてきたのかという問いに対して、一定の解答を得ようとするものである。

 本書がマスメディアという媒体に着目するのは、前記のような疾患の自己監視という現象の成立過程を問うためには、疾患に関する医学的な知識を広く社会に流通させるための経路に照準化する必要があると考えるからである。そのような意味において、本書は、精神疾患という現象を広く一般社会に関わる問題として捉えるような人々の心性が形成され、また維持されてきた社会的なメカニズムについての歴史研究であると言うことができる。

 ここで、具体的な分析に入る前に、本書で使用する基本的な概念について説明しておきたい。まず、本書でいう「精神疾患」(mental illness/mental disorder)とは、近代以降の社会で、医療専門職によって治療や矯正の対象とされてきた人間の精神状態の総称であり、その外延は、各時代の医学的な診断体系に依存する。よって本書では、現在では用いられない診断名や疾病概念についても、それらを「精神疾患」と呼び、こうした精神疾患に関するテクストが構成してきた言表の集合を、「精神疾患言説」と名づける。また、本書が主たる分析対象とするのは、非専門家を含めた幅広い属性の人々によって共有されていた精神疾患に関する言説であり、以下本書では、こうした言説を「大衆的な精神疾患言説」と呼ぶ。

本書の現代的意義

 以降の具体的な分析の箇所で見ていくように、近代日本においては、前記のような意味における大衆的な精神疾患言説が、少なくとも一世紀以上にわたって構成され続けてきた。しかし、こうした言説の構成や大衆化の過程、および、その社会文化的な背景について考察した研究は、きわめて少ない。また日本近代という長期の時間幅をとって、前記の現象を通時的に考察した研究は、管見の限り存在しない。本書の第一の意義としては、こうした近代日本における大衆的な精神疾患言説に関する通時的分析の不在を補い、精神疾患、あるいは精神医療に関する、社会史的・歴史社会学的研究の進展に寄与することが挙げられる。

 しかし、このような歴史研究に対する貢献に加えて、本書は、より現代的な現象の分析へ向けての志向性を有している。すなわち、過去の出来事を歴史的な関心から記述・分析するだけではなく、精神医療や精神疾患を取り巻く今日的な状況に関して、社会学的な視点から光を当てようとする点において、本書の二つ目の意義を主張することができる。この点について説明を加えるためには、おおむね、一九九〇年代後半以降の日本社会で生起した、精神疾患に対する集合的な関心の高まりについて確認しておく必要があろう。

 近年、日本をはじめとする先進諸国においては、さまざまな組織や集団において精神医学的問題への関心が高まり、企業・学校・家族などを対象とした精神保健施策の実施、あるいは、マスメディアを通じたメンタルヘルスに関する啓発活動が進展している(小沢?二〇〇二、Rose 1996)。日本における具体例としては、一九九〇年代後半に続発した少年犯罪への対応として、子供たちの「心の闇」に対する危機意識が高まり、教育現場において児童の精神的ケアを担うスクールカウンセラーが配置されるようになった事例などが指摘できる。また同時期の日本では、一九九五年に起きた地下鉄サリン事件や阪神大震災を契機として、PTSD(Post Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)という聞き慣れない診断名が社会へと導入され、この診断名に含まれるトラウマ(trauma:心的外傷)という概念も、多くの人々が知るところとなった(大野?二〇〇〇、佐藤雅浩?二〇〇六)。さらに近年の調査では、半数以上の企業が精神疾患を抱えた社員が増加していると回答しており(朝日新聞?二〇〇三・一・一四?朝刊三面)、職場におけるメンタルヘルス環境の悪化が社会的に問題視されている(社会経済生産性本部編?二〇〇六)。現代社会に見られるこれらの動向は、私たちの社会に精神的なトラブルを抱えた人間が多数存在しているという認識の上に立ち、精神疾患に対する社会的な対策を推進しようとするものだと言えよう。

「うつ病」言説の増大と混乱

 一九九〇年代後半から二〇〇〇年代にかけて、日本社会で人々の関心を引くようになった精神疾患の名称は数多いが、患者数の多さや、問題の拡がりといった点で特に人々の注目を集めてきたのは、何といっても「うつ病」であろう。  バブル崩壊後の長引く不況や日本型雇用慣行の揺らぎ、失業率の増加、社会不安の増大といった同時代の社会状況を背景として、ここ十数年間の日本では、急速にこの疾患に陥る人々の数が増加したと言われている。厚生労働省が三年おきに実施している患者調査の結果によれば、いわゆる「うつ病」や「躁うつ病」によって継続的に医療を受けている患者の数(推計値)は、一九九九年に四四・一万人であったものが、二〇〇二年には七一・一万人、二〇〇五年には九二・四万人、二〇〇八年には一〇四・一万人と、九年間で二・四倍に増加した。また、二〇一〇年には日本精神神経学会など関連四学会が、うつ病を「国民病」であるとの共同宣言を採択し、学校や職場における患者の早期発見、メンタルヘルス教育の推進、専門医の増加などを、国などに対して求めていく姿勢を明らかにした。こうした患者数の増加や関連学会の活動、そして二〇〇六年に成立した自殺対策基本法に付随する諸事業を受けて、現在「うつ病」は、精神保健分野の問題としてだけではなく、より一般的な政策課題としても重要視されつつある。

 しかし、「うつ病」をめぐる社会的な議論の方向性は、二〇〇〇年代の後半から混沌とした様相を見せ始めている。その端緒は、?臨床医たちが中心となって提出した、この疾患の「増加」や「流行」に対する懐疑的な見解の広まりと、?海外の研究者による抗うつ薬に対する批判的研究の紹介によってもたらされた。論者によって強調点は異なるものの、前者は「うつ病」概念の再編や拡大による患者数の増大に注意を促すものであり、後者は、製薬企業と医学界の癒着による抗うつ薬の不適切な開発や認可、処方の増大が、患者の増加や症状の長期化を導いている可能性を論じたものと言える。

 前者の代表的な動向としては、臨床現場における「うつ病」患者の急速な増加を背景として、従来の臨床像とは異なる「新型うつ病」の広がりや、うつ概念を安易に使用する医師や患者、そしてマスメディアの実践を問い直す、専門家の出版活動がある(香山?二〇〇八、吉野?二〇〇九、林?二〇〇九?など)。こうした専門家の見解によれば、昨今の臨床現場で多く見られる若年層の「うつ病」は、従来うつ病の典型とされてきたメランコリー型うつ病や双極性障害とは異なり、仕事が終われば症状が軽快し、自分ではなく身近な人間を攻撃する傾向にあり、病前性格に統一性がないといった特徴があるという。こうした新しいタイプの「うつ病」が増加した背景には、一九九〇年代から日本の臨床現場でも定着するようになった、アメリカ精神医学会の診断マニュアル(DSM)の影響によって、それまで他の疾患と診断されていた患者がうつ病と診断されるようになったことが関連しているとされる。つまり、新しい操作的な診断体系が導入され、従来よりも「うつ病」の外延が拡がったことが、この診断名の安易な使用と患者数の増加を導いたとされているのである。

 またこれに対して、後者の、抗うつ薬開発と「うつ病」の増加を関連づける立場からは、グローバルな製薬企業による向精神薬のマーケティング活動が進展した結果、製薬企業主導の啓発活動によって「うつ病」の診断を受ける患者が増大したという指摘がなされている(Healy 2004=2005、冨高二〇〇九)。この立場によれば、一九八〇年代末のアメリカ、そして一九九〇年代末の日本において、新世代の抗うつ薬(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が販売され、企業が大規模なプロモーション活動を行なったことが「うつ病」に対する社会的な認知を高め、結果として「患者」の増大に結びついたとされる。従来の抗うつ薬よりも副作用が少ない「夢の新薬」とされたSSRIが大量に処方されることで、医師は安易に「うつ病」の診断を下し、より多くの人間が、患者としての治療を受けるようになったという説明である。

 これら二つの立場による「うつ病」の増加に対する解釈は、それぞれ強調点の違いがあるものの、いずれも一九九〇年代後半から日本でも生じた、精神科臨床の変化にその原因を求めているという共通点がある。前者は、DSMという世界基準の操作的診断マニュアルが医療現場へ定着したこと、後者はグローバルな製薬産業の販売戦略が日本にも波及したことをその原因と見なしているからである。これらの解釈は、現在生じている「うつ病」患者の急速な増加と、それに向き合う医療関係者の困惑の原因を、ある側面から説明したものとして評価できる。

医療関係者による「うつ病」批評の限界

 しかし、これら主として医療関係者の間から沸き起こった「うつ病」の増加に対する懐疑的見解とその解釈には、社会学的な観点からいって、いくつかの限界を指摘せざるを得ない。

 第一に、これらの議論では、「DSMの定着」や「製薬企業の啓発活動」といった医薬的なファクターが、具体的にどのようなメカニズムによって患者数の増大や診断名の大衆化に結びつくのか、その詳細な過程が明らかにされていない。また第二に、前記のような議論では、「うつ病」の流行という現在進行中の現象を説明することに主眼が置かれているため、なぜほかでもないこの診断名が、一九九〇年代以降の日本社会に広まったのかという、比較社会学的な問題に答えられない。総じてこれらの議論では─以下で述べる「心理学化」論と同様に─ある現象に対する解釈が、方法論的な手続きを抜きに、アドホックになされているという印象を受ける。

 さらにいえば、これら医療関係者の「うつ病」批評という実践は、それ自体が一つの大衆向けの医学的な言説実践であるという事実を忘れることはできない。彼らの活動を、他の専門家言説と同一平面上に置いた場合、そこには、歴史的に繰り返されてきたある普遍的な言説の布置が浮かび上がる。

 たとえば(精神医療の歴史に関心がある読者であれば思い当たるかも知れないが)、現代の「うつ病」をめぐる論争は、一九六〇年代から七〇年代にかけて世界中を巻き込んだ、反精神医学運動と近似した構造をもつ論争であると考えることもできる。なぜならこの二つの時代においては、いずれも一方に主流派とされる精神医療の実践とその支持者たちがおり、他方でその実践に対する批判的な見解を公衆に向かってアピールする専門家がいるという点で、精神医療をめぐる類似した論争の構図が成立しているからである。そして、この論争における主導権を握っているのは、精神医療の担い手である医師(特に精神科医)たちであり、その他のアクターは、あくまで二次的に論争へ参加するという構図も共通している。こうした事実を踏まえるならば、社会学的な観点からは、前記のような専門家どうしの論争をも精神疾患言説を構成する一つの要素として対象化した上で、特定の精神疾患に対する大衆言説が、なぜ、どのように構成されてきたのか(いるのか)という問題を考察しなければならない。

 結局のところ、現在の日本、そして先進諸国においては、「うつ病」をめぐって何が起きているのだろうか? もちろん本書も、現代の「うつ病」の流行に対して、DSMの導入や製薬企業の活動が大きな影響を及ぼしたという説を否定するつもりはない。しかし前述のように、ある疾患に関する新しい診断体系や治療法が社会に導入されたとしても、そこで対象とされているすべての診断名が、社会的な「流行」現象を引き起こすわけではない。また前述のPTSDの事例に見られるように、ある診断名が社会に広まる際には、医療とは関係のない社会的な出来事(PTSDの場合は大規模災害や戦争など)が、そのきっかけを提供することもある。そして、ある疾患の「流行」をめぐって、医療者自身の間から既存の医療実践に対する懐疑的な見解が広まることには、どのような社会学的意味があるのかを考える必要もある。要するに、現代の「うつ病」に代表されるような精神疾患の流行という現象を分析する際には、診断体系の導入や治療法の開発といった医療製薬業界に関わる要因とともに、当該の疾患に対する集合的な関心を惹起した社会文化的な背景や、その前提となる政治経済的な諸条件、医療者を含めた諸アクターの活動などを、複合的に考察する必要がある

。 本書の構成

 本書では、以上のような問題関心に基づき、歴史的な比較の手法を用いて精神疾患の流行現象を分析することで、より重層的に、現代のメンタルヘルス問題を捉えるきっかけを提供したい。そのための具体的な考察に入る前に、ここで本書の構成について説明しておく。

 本書は六章からなる。まず第一章では、本書の目的や研究史的な位置づけについて検討し、同時に、分析に用いる資料やその分析方法、あるいは研究の射程について議論する。この章は、いわゆる理論的・方法論的な検討にあたる章なので、精神疾患の歴史そのものに興味がある方は、読み飛ばしていただいてもかまわない。また第二〜五章では具体的な資料の分析を行なうが、それぞれの章はおおむね時代順に配置されており、また独立して読むことも可能なので、関心のある章(時代)だけをお読みいただいてもかまわない。ただし、最後の第六章では、本書全体を通して得られた知見の包括的な考察を行なうので、可能であれば、第二〜五章のあとに終章をお読みいただければ幸いである。