戻る

根ヶ山光一 著

アロマザリングの島の子どもたち
――多良間島子別れフィールドノート


四六判上製208頁

定価:本体2200円+税

発売日 12.12.17

978-4-7885-1317-4

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ



◆乏しさは、豊かさである◆

アロマザリングとは母親以外による養育のことです。近年、育児を母親だけに負わせる危うさが指摘されていますが、沖縄の離島・多良間島は、伝統的に地域の中で子どもが多くの大人に見守られて育つ、まさに「アロマザリングの島」なのです。離の不便さ、モノの乏しさゆえに、人は人に手を差し伸べ、それが子どもの世界を活き活きと豊かにするのでしょう。多良間に魅せられた著者は、島の人々と生活を共にしながら、都会では失われた子育ての原点を随所に発見していきます。個人化し孤立化する現代人の生き方の問い直しにもつながる深い問いかけを秘めた好著です。著者は早稲田大学人間科学学術院教授。


アロマザリングの島の子どもたち 目次

アロマザリングの島の子どもたち まえがき

ためし読み

◆書評

2013年1月15日付、週刊文春、酒井順子氏評

2013年3月、クーヨン

2013年4月25日付、週刊文春、酒井順子氏評

Loading

アロマザリングの島の子どもたち─目次

まえがき

序 章 多良間島というフィールド 
多良間島到着 
多良間島素描 
周辺の島々との関係 

第1章 島の子育ての背景 
 1 島の生活 
「モンスーン型」の生き方 
ナンクルナイサの世界 
健康意識と人生観
 2 豊かなネットワーク 
島の多彩な催し 
行事の意味 
▽懇親会とオトーリの流儀 
▽手作りの葬儀 
挨拶を交わす 

第2章 島の子どもと大人 
 1 研究の概要 
〈行動観察〉 
〈インタビュー〉 
〈質問紙〉 
〈GPS、アクティグラフなど〉 
 2 保育園における子ども 
登園時の観察 
分離への反応 
泣きの意味するもの 
子どもと私の距離の変化 
接触の効果 
変わり身の早い子どもたち 
 3 家庭での育ち 
おやつ・小遣い――性善説の子育て 
家のお手伝い――戦力としての子ども 
アルバム法――アロマザリングの豊かさが見える 
父親の参加――次世代を見すえて 
東南アジア出身の母親――「子はかすがい」 

第3章 アロマザリングの息づく島 
 1 子どもと地域 
子どもと地域の接点としての保育園行事 
散歩を通じたふれあい 
子どもと大人が近いこと 
地域の大人による見守り、降園下校 
▽群れる子ども 
▽子どもへの信頼 
遊びと危険のてんびん 
▽活動量 
▽危険回避行動の発達 
▽災害報告書 
津波警報にどう対処したか 
 2 アロマザリングの伝統 
守姉によるアロマザリング 
複数世代をまたぐ「トゥイ会」 
オバアによるアロマザリング 
 3 島を離れる 
クールな中学生 
思春期の子別れ――中高生へのインタビュー 
アグ(同期の仲間)の絆 

第4章 島の子育て・子別れから何が見えるか 
 1 このフィールドワークからわかったこと 
 2 子別れとアロマザリングの枠組み 
反発性と子別れ 
アロマザリングとしての保育園 
 3 多良間島の子育てを支えるもの 
垂直的関係と水平的関係 
「ヒト」の豊かさと「モノ」の乏しさ――都会化の波 
アロマザリングの変貌 
守姉から保育園へ 
「多良間島に生きる」ということ 
 4 豊かさと子ども 
豊かさとは何かを問う 
都会化・個人化は子育てのかたちを変えるのか 

第5章 私たちの現在と未来の子育て 
「乏しさは豊かさである」 
「人間力」と「ありのまま」を肯定する 

あとがき 

装幀 臼井新太郎






アロマザリングの島の子どもたち まえがき

 多くの大学には、教員が授業や会議の縛りを解かれて長期間研究に専心できる「サバティカル」と呼ばれる制度がある。本書は筆者が2010年度に勤務校からその適用を受け、多良間島(沖縄県宮古郡多良間村)という南海の離島に4か月あまり(正確には2010年5月17日から8月23日までと2011年2月17日から3月17日まで)滞在しながら、島の子どもたちをこの目で見つめた体験をもとにまとめたものである。滞在中は、できるだけ子どもたちの生活に寄り添い、彼らの息づかいを肌で感じながら、彼らを「頭ではなく体で」理解するということを心がけた。そして、できるだけ日記をつけてその体験を書き留めるようにした。そこから見えてきたものが豊富で、それをまとめることは子どもの行動発達を理解し、また都会の子育てを再考する上でとても大切なことだという思いが日増しに強まった。本書は止むにやまれぬその思いが生みだしたものである。あるいは、多良間島の子どもを見つめることで再帰的に自覚された「私」というフィルターの記録だ、と言ってもいいのかもしれない。

 これまで私は「子別れ」をキーワードに、親子の反発性がもつ重要な意味について、さまざまな種類のサルを観察したり、いろいろな文化(とくに日本と英国)の親や保育士と子どもを撮影したりしながら検討してきた。そして母親と子どもの間にどのような距離関係がふさわしいのか、それが誰・何によって実現されるべきなのか、といったことを考え続けてきた。さらに日本の都会の子どもたちの生活が、その観点から見て必ずしも良好な状態にないことを憂えてきた。また、日本と英国、韓国、スリランカなど諸外国の家庭に入ってそれぞれの子育てをこの目でつぶさに見てきた者として、日本の育児風土が他国の育児風土とさまざまな点で大きく異なるにもかかわらず、西欧発祥の理論を直輸入し、日本の母子をその枠組みにあてはめることの危うさと暴力性を訴え続けてきた。

 この本で紹介したいことの核心は、子どもを条件統制という名の下に実験室などの「ニュートラルな」環境に置いたり、特定の環境の中だけで固定的・閉鎖的に見たり、また既存の理論で訳知り顔に解釈するのではなく、多良間島という個性的なフィールドにおける生活の豊かな広がりの中においてありのままを見、聞くことを通じて得た私の実感である。いわば、小さな室内プールで整然と泳ぐ子どもではなく大海原で生き生きと波と戯れる子どもを、私もその場に身を投じつつ、そこにいる魚・海鳥や海草、あるいは風・雲、海岸の岩や砂などとともに見ようというようなことである。

 多良間島のような沖縄の離れ小島の子育てに関心がある、というとマニアックで特殊なことに聞こえるかもしれない。しかし本書を読めばその考えがとんでもない間違いだということがわかるだろう。なぜならそこに、私たちの多くが都会生活の便利さや快適さ・豊かさと引き替えに失った大人と子どもの「共生」の原点があり、それを追体験することで私たちの生活のあり方が反省されるはずだからである。多良間島の子育てを見つめることは、私にとってまさに「神は細部に宿る」の境地に至る作業であった。

 多良間島を含む先島諸島は、日本列島の西南のはずれに位置する。辺境の地とも見えるが、そのすぐ隣は台湾やフィリピンであり、グローバルに視野を広げてみれば、それは大陸や南洋の文化や人々が本土に入ってくる入り口であった(もちろん出口でもあった)。日本の文化や生活様式として定着しているもののかなりの部分がそれらの土地に起源をもち、古く沖縄を経由して入ってきて今もそこに元の形に近いものをとどめている。人が自分を見失いそうになったとき幼時の記憶にたち帰って自分の原点を取り戻すように、まさに今混迷の中にある私たちも沖縄の子育てから自分の原点を再確認できるのではないか。またそのような文化的起源論には立たないとしても、同じ極東に位置する人間同士としての共通点は少なからずある。沖縄でなされていることは、われわれの本質と深くつながっているはずである。

 今の日本の都会で子どもたちが体験していること、あるいはそういう環境の中で大人と子どもたちが共同生活を営んでいることを考えるにあたって、多良間島の子どもたちの様子から学ぶことは山とある。多良間島は数年前日本一の子沢山の島だったし、少子化の進んだわれわれの社会も、もともとはもっと子どもたちであふれていた。このような子沢山の島での子育てを見ることは、少子化が進み、子どもがさまざまな問題に巻き込まれている都会の子育てを考え直すきっかけにもなるにちがいない。

 沖縄の離島の子どもたちは、キラキラと輝く目をしている。明るく透き通った海と降るような星空を受けとめるにふさわしい目である。その海と空がはぐくんだような目だ。その目の奥に映る世界を知りたい。この子たちが、その目で何を見、何を感じ考えているか書き留めてみたい。実はこれがこの本を私が書こうと思った原点である。

 本書はいわゆる研究書ではない。だから専門家を読者として意識して、数値や図表を出して記述の正確さを追求したり、あるいは文献を引用して妥当性を高めたりすることにエネルギーを注ぐことはあえて避けた。それよりも写真を多用して、保育を実践しておられる方や子育て中のお母様方にフィールドの雰囲気を感じ取っていただけるように努めた。そういう方々にこそ本書を貫いている前記の思いを共有していただきたいためである。とはいえもちろん、本書に込めたメッセージからは研究者も新たなインスピレーションを受け取っていただける自負はある。ひと言でいえば、この本は子どもに関わるすべての人々へのそういう思い入れを込めた私からのアピールでありプレゼントである。