戻る

前田泰樹


心の文法
――医療実践の社会学


A5判288頁

定価:本体3200円+税

発売日 08.12.5

ISBN 978-4-7885-1139-2

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆実践から描き出す、私たちの心◆
私たちは、心について考えたり語ったりするとき、それをつい個人の能力や性 質として見てしまいます。しかし、私たちが他者の感情を読み取ったり動機を 推し量ったりするのは、さまざまなやりとり、すなわち実践においてです。心 は、実践の中でその形を表すのです。本書は、歯科や看護、検査、言語療法な ど、ひろい意味での医療の現場における実践において、動機、感覚、感情、記 憶などがどのように使用されているかに焦点を合わせながら、私たちの「心の 文法」をつまびらかにしていきます。社会学、心理学、言語学、哲学、また、 研究の対象領域である医療など、幅広い分野からの関心を呼ぶものと期待され ます。著者は、好評入門書『ワードマップ エスノメソドロジー』の編者のひとり。

Loading

◆目次
はじめに
第I部 心の理解可能性
1章 行為記述の理解可能性
2章 私的経験の理解可能性
第II部 感情と経験
3章 共感の理念と感情の論理文法
4章 感情を配慮する実践
5章 傾聴活動の論理文法
第III部 記憶と想起
6章 失語症研究と想起の論理文法
7章 生活形式としての失語症
8章 経験の記憶の語り


designed & constructed by bizknowledge