戻る

武田 忠 著

『「生きる力」を育む授業』
――――いま、教育改革に問われるもの


四六判288頁

定価:本体2500円+税

発売日 08.10.01

ISBN 978-4-7885-1131-6

目次*
はじめに
序章 日本の教育を考えるための視点
第1章 子どもたちは授業に何を求めているか
――「わからなさ」「なぜ」を大切にする授業を
第2章 言葉の力を豊かにしよう
第3章 文章を読む力を豊かにしよう
第4章 文化遺産との出会いを大切にしよう
第5章 「私」とはなにか 「人間」とはなにかを考えよう
――「奇蹟の存在」としての「私」を見つめ直そう
第6章 「いのち」とはなにかを考えよう
――「私」の「いのち」を支える「体の知恵」に目を向けよう
第7章 自分の身体と心をとりもどそう
――子どもたちの学びをエンパワーメントするために
終章 いま、教育改革に問われるもの
――「生きる力」の育成になにが必要なのか

◆授業が魅力的でなければ、学力向上は望めない!

子どもの学力低下が深刻に受け止められています。「生きる力」の育成を推進してきた文科省はそれが失敗であったと認めましたが、しかし、どうすればよいのかについては、具体的に何も述べていません。著者は、小中学校に出向いて自ら授業を行ってきました。そして、子どもたちが、自ら「問い」をもって「なぜか」を考え授業に取り組むとき、驚くほど学習が深まることを経験してきました。学力が低いのは、子どもたちの能力が低いのではなく、子どもたちが、知りたい、分かりたいことが今の授業のなかにほとんどないからなのです。実のある教育改革は、識者たちの大所高所の談義からは決して生まれません。子どもにとって知りたい、分かりたいテーマと教材を用意し、授業に取り組むこと、そこからしか始まらないことを実践を通して証明した、気迫の書です。

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆書評

2009年1月26日、日本教育新聞、鈴木喜代春氏評

Loading