戻る

福岡愛子 著


文化大革命の記憶と忘却
――回想録の出版にみる記憶の個人化と共同化


A5判408頁

定価:本体4400円+税

発売日 07.08.08

ISBN 978-4-7885-1119-4

◆目次・まえがき.pdf
本書の目次とまえがきがpdfファイルとして読めます

◆歴史研究にパラダイム・チェンジを起こす!◆


一九六六年から十年にわたって中国全土で吹き荒れた文化大革命。毛沢東思想 の反映として評価されたこともありますが、いまでは彼の生き残りをかけた最 後のあがきだったと総括され、「その歴史上の是非を論じてはならない」とさ れているようです。本書は、その「文革タブー」言説を取り上げて、文革の記 憶は封印されているのではなく複雑化・多様化しているのであり、当事者の回 想録というかたちではかなり出版され読まれていることを、「記憶と忘却の政 治学」という視点から具体的・詳細に跡づけます。何が事実としてあったかと いう歴史研究から、人びとの回想や回顧のなかで構築される記憶と忘却という 問題系へと、文革・歴史研究に壮大なパラダイム・チェンジを引き起こす、気 鋭の力作論文です。



◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ


Loading

designed & constructed by bizknowledge