戻る

祖父江典人 著

『対象関係論の実践』
――心理療法に開かれた地平


A5判280頁

定価:本体3200円+税

発売日 08.5.30

ISBN 978-4-7885-1107-1


◆「生」の意味を問う療法へ◆

軽いうつが「心の風邪」と呼ばれることがありますが、体の風邪への対処法が 色々(初めの悪寒で漢方を? 盛りに熱を出しきる? こじらせて抗生剤?) であるのと同じく、心の病気にもその疾患や症状で対応は様々です。たとえば 摂食障害には、行動の面と心理の面を組み合わせなければ奏効しないように。 ――本書では、今や心理療法の大きな一翼を担う対象関係論の〈考え方〉と 〈処方箋〉を、抑うつ・心的外傷・虐待やいじめといった具体的な「症状」に あわせて説いてゆきます。あくまでも、その場しのぎの対症的キュアでなく、 心の診療・心の看護には欠かせない「その人まるごとのケア」を目指す。


◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

Loading

目次
序章 なぜ対象関係論なのか
理論編
第1章 対象関係論の歴史的展望
第2章 対象関係論の近年の動向
第3章 陽性転移
第4章 共感論
臨床編
第1章 不安神経症
第2章 スキゾイド・パーソナリティ
第3章 摂食障害 その1
第4章 摂食障害 その2
第5章 心的外傷 その1
第6章 心的外傷 その2
第7章 虐待・いじめ
第8章 抑うつ性障害