戻る

D・F・ ビョークランド & A・ ペレグリーニ 著
無藤 隆 監訳/松井愛奈・松井由佳 訳

『進化発達心理学』
――ヒトの本性の起源


A5判480頁

定価:本体5500円+税

発売日 08.4.25

ISBN 978-4-7885-1096-8


◆目次
第1章 進化発達心理学
第2章 発達する心の新しい科学
第3章 歴史と論争
第4章 若さの利点
第5章 認知を分類する
第6章 学習への備え
第7章 社会的認知
第8章 すべては家族にある
第9章 相互作用、関係、集団
第10章 ホモ・ルーデンス――遊びの重要性
第11章 エピローグ――進化と発達
解説(無藤 隆)


◆進化と発達を統合する新しい視点◆

進化心理学は進化論的な悠久の時間の中での人間の性質の起源とそのあり方を説明しようとします。発達心理学は人間の一生という時間の中で、心理的特質の発生過程を扱う学問です。ともに人間の性質の「起源」に関心を寄せており、それを時間の変化の中でとらえようとしています。このように2つの学問領域は非常に近い関係にあるにもかかわらず、これまで、必ずしもお互いのアイデアが十分に浸透しあい、成果をあげてきたとは言えませんでした。高名な発達心理学者にして進化心理学にも造詣の深い著者たちによる本書は、両者を統合した新しい進化発達心理学の誕生を高らかにうたい、基本となる諸原則を鮮明にした記念すべき本です。進化心理学と発達心理学の境界領域であるこの学問の現状と今後を知ることができる、研究者にとって待望の翻訳です。


◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

Loading