戻る

桝潟俊子 著

『有機農業運動と〈提携〉のネットワーク』
――――


A5判328頁

定価:本体4800円+税

発売日 08.3.20

ISBN 978-4-7885-1088-3



◆有機農業運動がまきおこしたもの◆

今から30年余前、志ある農民たちが農薬、化学肥料、合成飼料を使わない農業を追求する「有機農業運動」を起こしました。都市の消費者との間で提携という独自の産直ルートを拓き、広範なネットワークを形成してきました。「食の安全・安心」は人間同士の信頼関係によって保証されるとの信念に立ち、簡素な食事と「地産地消」を推進、飽食・食のグローバル化・都市のライフスタイルに疑問を突きつけてきました。本書では、過疎に悩む農村の再生を牽引してきた島根・愛媛・宮崎の3つの運動体に焦点をあてて、日本の有機農業運動の先見性と変革力を明らかにします。

    

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆書評
2008年5月12日、日本農業新聞
Loading

目 次
序 章 本研究の意義・視点・課題
第T部 日本の有機農業運動
第1章 有機農業運動の草創期
第2章 提携を軸とする有機農業運動
第3章 多様化する有機農産物の流通ルート
第4章 転機に立つ提携運動
第5章 有機農業の制度化・政策化
第6章 WTO体制化の有機農業運動
第U部 有機農業運動の地域的展開
第7章 酪農農家の共同体を拠点とする有機農業運動
第8章 柑橘農家集団が担う地域再生運動
第9章 行政主導による有機農業の町づくり
結 論 日本の有機農業運動の特質