戻る

富永 健一 著

思想としての社会学
――産業主義から社会システム理論まで


A5判824頁

定価:本体8300円+税

発売日 08.5.08

ISBN 978-4-7885-1081-4

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆次代につなぐ「社会」学◆

明治維新にはじまる日本の近代化思想(社会学)の基礎を作ったのは、西洋思想の研究者・福澤諭吉ですが、それ以降、日本の社会学は、西洋思想から何を、どのように学び、自らの思想を発展させてきたのでしょうか。本書では序章で福澤を論じ、本論で社会学を代表する9名の碩学――サン-シモン、コント、スペンサー/デュルケーム、ジンメル、ヴェーバー/パーソンズ、シュッツ、ルーマン――の諸理論の核心を、筆者の個人史も交え、日本での受け入れられ目しながら、あらためて社会学思想の潮流のなかに甦らせます。戦後日本の社会学を牽引してきた泰斗が説く、日本の社会学のための西洋思想史です。

『思想としての社会学』目次pdf ダウンロード

●関連書
富永健一編著『理論社会学の可能性』


◆書評
2008年8月22日、週刊読書人、合庭惇氏評
2008年9月6日、図書新聞、盛山和夫氏評
Loading