戻る

関 肇

『新聞小説の時代』
――メディア・読者・メロドラマ


A5判368頁

定価:本体3600円+税

発売日 07.12.14

ISBN 978-4-7885-1079-1




◆ベストセラー小説が生んだ「国民」◆

いまから百年あまり前の日清・日露の戦間期、尾崎紅葉の『金色夜叉』と徳冨蘆花の『不如帰』が当時のニューメディアである新聞に連載され、多くの国民を感動させました。本書は、メロドラマと称されるベストセラー新聞小説を取り上げて、テクストがどのように生産され、どのようなメディアに載せられて、どのような読者に読まれたかをたどります。従来の文学史においては卑俗としてほとんど無視されてきたこれらの作品を、「文学の生産と享受」というメディア論的・読者論的に視点からトータルに論じることで、純文学中心の閉じられた文学研究を広く文化研究に開放し、新たな視野を開く意欲作です。

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆書評

2009年3月5日、京都新聞

Loading

◆目 次◆
はじめに
T尾崎紅葉と新聞メディア
活字的世界における作者と読者/雑報記者としての紅葉/メディア・ミックスの力学
Uモードとしての新聞小説
メロドラマの時代/始原のメロドラマ/メロドラマの技法
V新聞小説の領分
近代京都と新聞小説/ジャーナリズムのなかの文学/新聞小説と挿絵
W出版文化と文学青年
『文学者となる法』と出版文化の近代/文学青年の勢力圏/自己表現のネットワーク/〈立志〉言説の変容