戻る

西條剛央 著

ライブ講義・質的研究とは何か SCQRMベーシック編
――研究の着想からデータ収集、分析、モデル構築まで


A5判264頁

定価:本体2200円+税

発売日 07.09.10

ISBN 978-4-7885-1071-5



◆対話形式でよくわかる超入門書!◆

質的研究法への関心の高まりとともに、さまざまな関連書が出版されるようになりました。本書の特色は、初心者の学生が教師と対話しながら実際に質 的な方法をつかった研究を、迷い、決断し、修正しながら手探りで進めてい く過程を、一緒に参加しているような感覚で学べることです。本には通常書 かれていない常識はずれとも見える研究の実戦的なコツやワザが満載されて いるだけでなく、研究方法を原理から考えてすすめるための方法論がわかり やすく述べられています。続巻として、アドバンス編が年内刊行予定です。 著者は、構造構成主義についての著作で幅広く知られる気鋭の研究者。

『ライブ講義・質的研究とは何か SCQRMアドバンス編』

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

Loading

◆目 次◆
第1回 自己紹介とイントロダクション
第2回 質的研究法とはどのような研究法か?
第3回 仮説と理論
第4回 研究テーマとリサーチクエスチョンを考える
第5回 グループディスカッションの実施
第6回 テクストから概念を作る
第7回 対象者をどのように選べばよいか?
第8回 質問項目を考える―関心相関的質問項目
第9回 研究倫理とインタビューの基本
第10回 パイロットインタビューから学ぶ
第11回 インタビューの感触と分析ワークシートの作り方
第12回 分析ワークシートの検討
第13回 理論の作り方
第14回 理論の検討
第15回 理論のバージョンアップ
第16回 理論的飽和から関心相関的飽和へ


designed & constructed by bizknowledge