戻る

やまだようこ 編

質的心理学の方法
――語りをきく


A5判320頁

定価:本体2600円+税

発売日 07.09.15

ISBN 978-4-7885-1070-8



◆語り研究の現在◆

人間が生きている現場(フィールド)はたいへん複雑で、その関係性をきたかたちでとらえるために、質的方法が大いに注目されています。この本は、質的研究のなかでも特に中心をなす語り研究に焦点をあてながら、インタビュー法や会話分析、テクスト分析、アクションリサーチといった方法について、実際の研究に即して具体的にわかりやすく解説しました。また、まだ模索段階にあるこの方法の教育についても、実習や論文指導、ワークショップなど、実践に基づいた提案をしています。学生にとってばかりでなく教師にとっても、待望の書です。編者やまだようこ氏は、日本の質的研究を代表するひとりで、京都大学教授。

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

Loading

◆目 次◆
第1部 質的心理学の研究デザイン
1質的心理学とは
2研究デザインと倫理
3論文の書き方
第2部 質的心理学の研究法
4ナラティブ研究
5参与観察とインタビュー
6会話分析
7半構造化インタビュー
8グループインタビュー
9ライフヒストリー・インタビュー
10ライフレビュー
11テクスト分析
12アクションリサーチ
第3部 質的心理学の教育法
13質的心理学の教え方と学び方
14ナラティブ研究の基礎実習
15フィールドワークの論文指導
16協働の学びを活かした語りデータの分析合宿
17教育における協働の学び
18ゲーミングによる協働知の生成
19ワークショップによる対話教育

designed & constructed by bizknowledge