戻る

森田京子 著

『子どもたちのアイデンティティー・ポリティックス』
――ブラジル人のいる小学校のエスノグラフィー


A5判344頁

定価:本体3300円+税

発売日 07.07.30

ISBN 978-4-7885-1063-0

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆教師にも見えにくい、子どもたちの学級内やりとり◆

外国籍児童の就学が急増して、各地で教育問題となっています。この本は、 ある小学校に転校してきた三人のブラジル人生徒と教師や他生徒が織りな す、ダイナミックな人間模様の記録です。不自由な言葉、いじめ、差別、 無視……次々と問題が起こります。しかし彼らはマイノリティーのままで はありません。学級でサバイバルしてゆこうとする能動的な行動者でもあ るのです。また、閉鎖的・画一的だと捉えられがちな日本の小学校のシス テムが、実は大きな教育力も持っていたのでした。子供と毎日接している 教師でさえ気づかない、子どもたちの学校での経験と成長の姿が、著者の 筆致によって躍動感をもって伝わってくる本です。著者はペンシルベニア 大学大学院卒、教育人類学博士。

◆本文紹介◆
ここでは、長野県の公立小学校での三年間にわたるフィールドワークで継続的にかかわった、パウロ、ジョニー、ジョナタという三人のブラジル人少年に焦点を当てている。もちろん、登場人物はこの三人だけではない。各学級の担任教師や日本人同級生、日本語学級で一緒になるブラジル人同胞やフィリピン女児、障害児学級に通うブラジル人女児等々、彼ら三人を取り巻く様々な人々が描写されている。学校コミュニティーに共存するこうした面々の人間模様を詳細に描くことで、集団内の力学や社会的秩序を浮き彫りにすると同時に、その日常的な経験が何を意味するのか、より広い社会領域との関係性から何を象徴しているのか、分析しているのである。(「はじめに」より)


Loading

◆目 次◆
序 章 小学校のエスノグラフィー
第1章 パウロの物語
第2章 ジョニーの物語
第3章 ジョナタの物語
第4章 子供たちのアイデンティティー・ポリティックス
第5章 日本の小学校にみる多元的共存主義

designed & constructed by bizknowledge