戻る

スタンリー・J・バラン/デニス・K・デイビス 著
宮崎寿子 監訳 李 津娥・李 光鎬・鈴木万希枝・大坪寛子 訳

『マス・コミュニケーション理論』〈上〉
――メディア・文化・社会


A5判336頁

定価:本体3600円+税

07.05.01

978-4-7885-1050-0



【目 次】
第1部 マス・コミュニケーション理論序説
1マス・コミュニケーション理論概論
2マス・コミュニケーション理論
第2部 大衆文化と大衆文化の時代
3メディア産業の成長と大衆社会論
4プロパガンダ時代におけるメディア理論の進展
5マス・コミュニケーションの規範理論
第3部 限定効果論の登場と破壊
6限定効果論の登場
7中範囲理論による限定効果パラダイムの統合
8支配的なパラダイムへの挑戦



◆体系的理解・批判的思考のために◆

メディアの力、メディアの役割とは? メディアを賢く使うためには理論が必要である、と説く本書は、一九世紀末に端を発するマスコミ理論の系譜に分け入り、歴史学、人類学、社会学から心理学に至るまで、あらゆる社会科学の学者たちが展開した思想を紹介します。しかも通りいっぺんの理論の説明にとどまらず、実社会のできごとと関連づけながら理解と思考を深め、読み手の関心を持続させる工夫をほどこしています。それが、世界各国で訳され、研究者、教員、学生に広く読まれている所以でしょう。メディアと社会、そして人間の関係を批判的に考え、メディア・リテラシーを育むための必携テキストです。

【本文紹介】
私たちは、社会・行動理論と批判・文化理論について、多くの事例を示し理論の有効性と限界を深く議論している。メディア理論は人間の創造物であり、それは主として特定の問いや論点を立てるために作られているのである。・・・・・・マスメディア産業が急速な変化を経験し、私たちが9月11日以降の「新しい世界秩序」になじんでくるこの4〜5年のうちに、メディア理論を理解することは今以上に必要で一般的なことになるだろう。社会や人々の生活のなかに存在するメディアの役割について発せられた古い問いのすべてが新しい妥当性をもって再び浮上してくるだろう。本書では過去にこの問いがどう提起されたかを追い、将来それをどう提起していくかについての識見を与える。(「序章」より)

『マス・コミュニケーション理論 下』

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ


designed & constructed by bizknowledge