戻る

山本哲士 著

『ホスピタリティ原論』
――哲学と経済の新設計


A5判500頁

定価:本体4761円+税

発売日 06.11.10

ISBN 4-7885-1025-1



◆ホスピタリティの探求◆

もてなしの心、歓待などと訳されることの多い「ホスピタリティ」は、誰にで も同じことがなされることを至上課題としている「サービス」とは全く異なり、 ひとによってさまざまな、願望や要求、期待というプライベートさに対応して いく原理なのです。本書は哲学・社会的理論を基盤に、サービス産業・製造業 の具体例をあげつつ、この「ホスピタリティ」の世界を、従来の経済・政治、 そして哲学のあり方に根本的な転換をもたらす可能性をもつものとして探求・ 解明いたします。


Loading

【目 次】

T サービス社会を超える
1章 サービスが人間を悪くするのはなぜか
2章 日本、〈社会〉イズム
3章 賃労働と資本の再考
U ホスピタリティ環境へ
4章 資本蓄積の第四次循環とグローバル・シティ
5章 ホスピタリティの哲学と文化資本経済
6章 場所ホスピタリティの創造
V ホスピタリティの設計
7章 ホスピタリティの本質と技術
8章 術語性とホスピタリティ
9章 ホスピタリティ教育のペタゴジー
10章 ホスピタリティ・マネージメントの極意

designed & constructed by bizknowledge