戻る

岡本浩一・堀 洋元・鎌田晶子・下村英雄 著


組織の社会技術シリーズ5
『職業的使命感のマネジメント』
――ノブレス・オブリジェの社会技術


四六判128頁

定価:本体1500円+税

発売日 06.6.30

ISBN 4-7885-1001-4

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆忠誠心・使命感の心理構造◆

企業の健全な運営と危機管理に社会心理学の成果をもって応えるこのシリーズの第5巻は、いわゆる企業や職務に対する誇りや忠誠心の問題を取り上げます。具体的な事例として大規模な消防官の調査に基づいて、職業的な自尊心がどのような条件のもとで育まれ、あるいは阻まれるのかを初めて実証的に明らかにしました。もちろん、この調査は、規模の大小を問わず、他のいかなる組織にも共通する問題のサンプルとして選ばれています。企業への求心力を求めるマネジメントにとっても、見逃せない発見と洞察に富んだ一冊です。

◆本文紹介◆
ひとつの職業領域にも、さまざまな仕事がある。職能的自尊心は、難しい技能を要求される職業・職種に対応する職業的自尊心の一次元である。他方、職務的自尊心は、それぞれの仕事の社会的責任、社会的貢献度の自覚によってもたらされるものである。本書は、この二次元を主要なツールとして社会的使命感をこうちくしようという観点のもとで、研究を展開している。通常の社会調査とは異なり、典型的なノブレス・オブリジェである消防官の重点調査が、職業的自尊心の二次元をくっきりと浮き彫りにしている。職業的威信のレビューと、本書のモデル構築に先立つ多職業のサンプルにおける社会心理学調査が、本観点の普遍性の根拠となっている。働き甲斐の創出と職場における違反行動の予防を視野に職位、職種を見直そう、整備しようという観点に必要な社会科学をコンパクトに纏める努力したつもりである。(「まえがき」より)

◆書評
2007年、新潟日報

Loading

◆目 次◆
第1章 職業威信の先行研究
職業威信と職業威信スコア/職業威信スコアの安定性/「職業威信」に関する心理学的研究/主観的な職業威信―― 職業に対する「誇り」研究/職業に対する「誇り」に関する先行研究/まとめ―― 主観的職業威信の研究に向けて
第2章 消防という仕事と調査の概要
消防官という職業/職場における向社会的行動、反社会的行動/調査の概要
第3章 予備的分析
予備的分析―― 尺度構造の吟味/主要な分析
第4章 職種・職位と職業的自尊心
職場規模と職業的自尊心/職種と職業的自尊心/職位と職業的自尊心/職位による職業的自尊心変化の職種による違い
第5章 属人風土と職業的自尊心
属人風土とは/消防における属人風土/消防の属人風土と組織的違反
第6章 評価と展望