戻る

石口 彰 著

キーワード心理学1
視覚
――


A5判164頁

定価:本体2100円+税

発売日 06.2.15

ISBN 4-7885-0971-7

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ



◆心理学 新シリーズ第一巻◆

「キーワード心理学」は、心理学を身近な学問として学ぶための新しいシリーズです。 心理学のさまざまな領域について、各巻精選した30個のキーワードで学んでいきます。 心理学をまったく勉強したことのない人も読んで納得できるように、キーワードは身 近な現象や出来事と関連づけて、取り上げられています。また文章も、わかりやすい ことをモットーに書かれています。心理学の幅広い世界を満喫できる全12巻です。

第一弾「1 視覚」は、視覚のしくみを知るのに欠かせない網膜や脳や視覚神経の知識から、 私たちがものを知覚するしくみ、知って楽しい錯覚のしくみ、工業デザインへの応用までとり あげ、今まで何気なく見ていた世界にいちいち「なるほど」と言いたくなる一冊です。著者は お茶の水女子大学教授。

◆本文紹介◆
眼を閉じると、過去の出来事や友人、家族の素顔がありありと浮かんできます。また、夢の中でもさまざまな映像を鮮やかに「見る」ことができます。さらに、メスカリンやLSDなど、ある種の薬物は、幻覚症状を引き起こします。これらはいずれも、眼の前にそれらの情報源はありません。つまり、網膜が刺激されて視覚像ができあがっているわけではありません。このように視覚刺激がない状態で生み出される視覚像は、視覚イメージと呼ばれます。(「メンタル・ローテーション」より)


◆シリーズ以下続刊

2 聴覚・ことば(重野 純 著)
3 脳・記憶・思考(渡邊正孝・横山詔一 著)
4 学習・教育(山本 豊 著)
5 発達(高橋 晃 著)
6 臨床(春原由紀 著)
7 感情・ストレス・動機づけ(浜村良久 著)
8 障害(大六一志 著)
9 犯罪・非行・裁判(黒沢 香・村松 励 著)
10 自己・対人行動・集団(安藤清志 著)
11 パーソナリティ・知能(杉山憲司 著)
12 産業・組織(角山 剛 著)

Loading

◆目 次◆
パート1 視覚のしくみ
1視覚情報処理システム/2ヘルムホルツの無意識的推論/3近眼と老眼/4ヘルマン格子とマッハバンド/5視覚経路と大脳皮質/6空間周波数分析/7プライマルスケッチ/8信号検出理論
パート2 光と色
9カラーサークル/10三色説と反対色説/11レティネックス理論/12色覚異常
パート3 奥行きと運動
13線遠近法/14ステレオグラム/15仮現連動/16バイオロジカル・モーション/17オプティカル・フロー/18サッカード
パート4 オブジェクト
19グループ化の原理とアモーダル知覚/20知覚の恒常性/21ジオン理論/22標準的視点/23コンフィギュレーション理論
パート5 錯誤と変化
24カニッツァの三角形/25マッカロー効果/26選好法/27モリヌークス問題
パート6 注意とイメージ
28ストループ効果/29メンタル・ローテーション/30アフォーダンスとエコロジカル・デザイン
参考書
引用文献
人名索引/事項索引

designed & constructed by bizknowledge