戻る

土田知則 編 青柳悦子・石井道子・大沢 昇
小沢自然・鴻野わか菜・須藤温子・竹内康史 著

あらすじと読みどころで味わう世界の長編文学
――


A5判176頁

定価:本体1900円+税

発売日 05.08.08

ISBN 4-7885-0959-8

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆あなたに代わってお読みいたします◆

世界の文学には、誰でも名前は知っているが、小説そのものは読んだことがな い、読みたくてもとても読む時間がない、という大長編がいくつもあります。 トルストイ『戦争と平和』、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』、ユゴ ー『レ・ミゼラブル』、プルースト『失われた時を求めて』、『水滸伝』、 『金瓶梅』などです。原則として、文庫本で複数巻にわたるものから選び、お 忙しい読者の方々のために、あらすじ、読みどころ、小説の背景、人物相関図 などを組み合わせて、立体的にその小説のエッセンスが短時間で理解できるよ うにいたしました。「一日で読める世界の大長編30冊」。


◆本文紹介◆
世に古典的名作と言われる作品は。若いうちに、あるいは生きているうちに一度は手にして読んでみたいと思いつつも、どうも純文学作品というのは敷居が高い。ましてやそれが文庫本一冊の分量に収まらないような長編となれば、なおさらである。だが、形であれ、もしもそうした古典的作品の世界にしばし足を踏み入れ、その雰囲気に浸ることができれば…。<中略>各項目は「作者紹介」、「あらすじ」の後に、先ほど触れた執筆者による自由なコメント(読みどころ)が続くという形で構成され、必要に応じて「登場人物相関図」や「図・挿絵」などが付されている。「コラム」形式で紹介されている作品は、頁数の関係からやむを得ず簡略化されたものであるが、量的にも質的にも他の作品に劣らず重要なものである。読者の便を考慮し、文庫本を中心に、取り扱った作品の邦訳文献を付した。(「はじめに」より)

Loading

◆目 次◆

はじめに
『イーリアス』『オデュッセイア』
『アラビアンナイト』
『神曲』
『ガルガンチュア』『パンタグリュエル』
『水滸伝』
『金瓶梅』
『三国志演義』『西遊記』
『ドン・キホーテ』
『失楽園』
『トリストラム・シャンディ』
『紅楼夢』
『ファウスト』
『ディヴィッド・コパフィールド』
『白鯨』
『レ・ミゼラブル』
『戦争と平和』
『カラマーゾフの兄弟』
『クオ・ワディス』
『ジャン・クリストフ』
『失われた時を求めて』
『ユリシーズ』
『チボー家の人びと』
『魔の山』
『静かなるドン』
『特性のない男』
『眩暈』
『自由への道』
『ドクトル・ジバゴ』
『自由への道』

designed & constructed by bizknowledge