戻る

河合隼雄・大塚義孝・氏原寛
一丸藤太郎・山中康裕 著

心理臨床の知恵
――帝塚山学院大学大学院《公開カウンセリング講座》1


A5判216頁

定価:本体1900円+税

発売日 05.07.25

ISBN 4-7885-0957-1



◆パイオニアから溢れ出すエッセンス◆

子どもに関わる事件、災害・事故……、昨今ほど「こころのケア」の専門家に 期待が寄せられている時代はないでしょう。また、教育・医療・福祉をはじめ 司法・労働といった分野でも心理カウンセラーの役割は大きくなる一方です。 そうした社会の要請に応えて「臨床心理士」資格制度が整うなか、あらためて 専門家としての基本指針を示すべく、ここに心理士界の牽引役が集いました。 ――現場に臨む心構えや考え方など、長年の経験で培われた貴重な「知恵」が 若手臨床家へ向けて語り尽くされます。同資格を目指す方々にとっても必携の 副読本です。


◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

Loading

◆目 次◆
●カウンセリングとイメージ
 河合隼雄
社会の進歩と臨床心理学/イメージの大切さ/生きている人と人が会う/イメージが人を動かす/イメージを使った言語表現/イメーと理念/イメージの危険性/カウンセラーと芸術

●いまなぜ臨床心理士なのか
 大塚義孝
深層心理学さまざま/こころのとらえ方/失われた世界/臨床的なこころ/心理臨床の独自性/関わりあう二人称的関係/専門家としてある為に

●こころの裏と表--ホンネとタテマエのはざま
 氏原 寛
臨床心理行為とカウンセリングマインド/「仲が良い」ということ/親の役割・教師の役割/先生とカウンセラー/比較のこと/思春期の課題

●トラウマの臨床心理学
 一丸藤太郎
トラウマとは/トラウマという概念と個人的な出会い/トラウマという概念による事例の理解/ジャネとフロイトのトラウマ論/クライエントの述べること/トラウマ論の展開/トラウマから生じる精神障害とトラウマの及ぼす影響/トラウマという概念の意義/偽りの記憶症候群/トラウマを受けたクライエントの心理療法/トラウマ論への批判と今後の発展/まとめ

●心理療法における表現療法
 山中康裕
はじめに/なぜ表現療法か/絵画療法の始まり/臨床現場における表現療法/おわりに

designed & constructed by bizknowledge