戻る

中村桂子 編


『語る科学』
――生命誌年刊号 vol41-44


B5判220頁

定価:本体1524円+税

発売日 05.05.01

ISBN 4-7885-0938-5

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆「語る」がテーマ◆


「生命誌」の名づけ親、「JT生命誌研究館」中村桂子館長編集の年刊の研究 ・エッセイ誌『生命誌』の今年版です。「語る」をテーマに、天文学の小平桂 一、演出家の遠藤啄郎、文化人類学の川田順造、ゲノム研究の坂井建雄ら各氏 との対談ほか、生物、環境、文明を考察する研究者のエッセイを収め、読み応 え十分な内容となっております。JT生命誌研究館発行・新曜社発売。


◆本文紹介◆
「ゲノムと言語 文化をもつ生きもの・人間」
 生きものは、ゲノムという事典を細胞内で読み解き、"生きる”ことによって自分の中にある物語りを語っている。もちろんヒトも含めて。
 固体の中にある細胞は細胞同志話し合い、個体は身体を用いて身振りや音で表現し、全身の感覚器で他の固体の表現を受け取る。種間でも話し合いは必須だ。それが時に敵対関係になったり、共生になったりするのである。
 その中で、ヒトはある時言葉を獲得し、その事典をつくった。ゲノムの登場によって物質界の中に“生きもの”が生れ、言葉の登場によって生物界の中に“人間”が生れた。生き物は物質でできているが物質界と連続ではない。人間は生きものの一つだが、他と全くの連続ではない。ゲノムによる飛躍と言語による飛躍があったと言える。
 言葉が生みだした文化は、自然や生きもののを対象化し、なかでも科学はそれを機械とみなして管理しはじめた。そこから科学技術文明が生れ、ゲノムが語る生きものの物語に耳を傾けない社会になった。もう一度、言葉を傾けない社会になった。もう一度、言葉を呼びもどし、言葉を呼び戻し、言葉で生きものを語ってみよう。機械でなく生きものとしての自然を知り、生きることを大切にする社会をつくろう。


Loading

◆目 次◆
TALK_語る…ゲノム:「時」を貫く
理解と価値をつなぐ(小平桂一×中村桂子)
世界観を築く(遠藤啄郎×中村桂子)
生きもののヒトと人間(川田順三×中村桂子)
語りきれない人体とゲノム(坂井建雄×中村桂子)

RESEARCH_語る科学…ゲノム:「階層」を貫く
大量絶滅(磯崎行雄)
環境と文明の関係(安田喜憲)
「野性の科学」の可能性(木村敬一)
メダカ(武田洋幸)
新しい形は「土台」から(丹羽尚)
なぜ今、クモなのか?(秋山-小田康子)
共生のしくみ(林 誠)
まわる分子との対話(野地博行)

ART in BIOHISTORY_語る表現
Tやまと絵の四季
U描かれた生きものを探る
V観察と表現

SCIENTIST LIBRARTY_人を通して語る
サラダダニの分類から学んだ自然(青木淳一)
生きものの理論を探して(堀田凱樹)
緑から中心を捉える科学--好熱菌を通して(大島泰郎)
酵素に恋して(アーサー・コーンバーグ)

designed & constructed by bizknowledge