戻る

和田 伸一郎 著


存在論的メディア論
――ハイデガーとヴィリリオ


A5判352頁

定価:本体3200円+税

発売日 04.12.20

ISBN 4-7885-0930-X

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆ケータイを持ったハイデガー◆
世界最長寿の女性が、この一二〇年間でいちばん驚いた技術革新は何かと訊かれて、ためらうことなく電話と答えたそうです。ケータイ電話にとりつかれた若者の行動はたしかに不可解ではた迷惑ですが、そこには遠さと近さの逆転に起因する、超自然的で奇妙な魅力があり、ハイデガーの〈現存在〉をめぐって展開した難解な思考がまさに現実の体験として起こっているのです。このような視点から、電話に限らず映画、テレビなど、最新のメディア利用者に起きていることを読み解きつつ、現象学がめざしたものを明らかにします。超大型新人による瞠目すべき論考です。

◆書評
2005年2月6日、読売新聞、苅部直氏評
2005年3月5日、図書新聞、本間邦雄氏評

Loading

◆目 次◆
序論 技術と主体化  ハイデガーとヴィリリオ  主体概念の呪縛
第一章 現象学的還元からメディア利用者の〈不安〉へ
導 入 仮想人間  仮想現実と現象学的還元
1 〈後ずさり〉
2 メディア現象学
3 〈現存在〉とその〈存在論的〉〈不安〉
4 〈主体〉から〈現存在〉へ

第二章 〈現存在〉としてのメディア利用者、〈頽落〉の引力としての〈不活性〉
1 〈現存在〉としてのメディア利用者
2 メディア技術のポテンシャルの人間化から脱人間化へ
3 〈現-存在〉から〈速度-存在〉へ、あるいは〈速度-存在〉の〈頽落〉

第三章 〈表象〉の近代から〈現前〉の現代へ
1 〈表象すること〉とギリシア人
2 〈対象〉と〈モノ〉
3 表象的ではないものとしてのメディア技術
4 〈対象〉としてのまなざしの〈現前〉
5 身体残像、あるいは残像身体

第四章 存在の露現としての〈立て組み〉
《存在》と技術  《存在》と《性起》  〈立て-組み〉  〈立て組み〉と〈ロジスティックス〉  自動機械  別の原初

最後に

あとがき
文献
索引


◆本文紹介◆
第一章で視覚文化論の領域で主体に立脚してしばしば考察が巡らされるプリミティブなメディア利用者のある不安、『ラ・シスタ駅への列車の到着』を最初に見た当時の観客が感じた不安を、ヴィリリオの示唆を手がかりに、主体の枠組みを超えた不安として捉え、主体概念に依拠することなくどのような枠組みからだとこの不安をより包括的に捉えることができるか、というところの議論をずらしていくことを試みる。このときに主体に代わる枠組みとしてわれわれが依拠するのが、ハイデガーのいう〈現存在〉という概念である。
 第二章では、この〈現存財〉という枠組みがメディア利用の経験の考察に、どのような発見、広がりをもたらしてくれるか、それをハイデガー哲学に依拠しながら示していく。さらに主体概念よりもいっそう広がりをもつと思われた〈現存在〉の概念でも捉えられないような経験として、メディア利用者にある種の自症閉的経験についてにヴィリリオの議論が位置づけられ、ここにおいて技術のポテンシャルに対して、主体という枠組みにとっても守られずに、剥き出しのままそこに投げ出され、引き渡され、曝し出されているような身体が提示されていることを確認する。
 第三章では、再びハイデガーの議論に戻り。主体概念が表象の時代としての近世以降どのようにしてつくられ、人間がそのようなものとなっていったか、またそれ以前の主体ではない人間とはどのようなものだったのかを検討する。このことからわれわれは次のような仮説を導き出す。すなわち、メディア技術は近代という表象の時代に誕生したため最初から表象的、主体的な利用の枠に制限されていたのであるが、しかしポテンシャルとしては本来的にその枠をはみ出すものであったのではないだろうか、と。そして今後のメディア技術の進歩、例えば仮想現実は、メディア技術が誕生したときから、自らのものではないものとして嵌め込まれていた枠を踏み越えることへと向けられているのではないか、と。
 とはいえ、自体は複雑である。管理社会の主題に見られるように、一方では主人(主体)である人間が道具としての(監視)技術を完璧に制御しようとする傾向が強まりながら、他方では技術自体が人間の制御しえない怪物へと巨大化、超複雑化しており、出口のないジレンマがますます深まりつつあるからである。
 第四章で示そうとしたのは、こうした硬直した危機的状況にいかに思考を働かせるか、思考を活発化させてくれるようないかなる枠組みがあり得るのかということについてである。われわれはこのような枠組みとしてのハイデガーの〈立て組み〉と《性起》の問題を参照した。(「序論」より)


designed & constructed by bizknowledge