戻る

ナンシー・C・アンドリアセン 著/武田雅俊・岡崎祐士 監訳


『脳から心の地図を読む』
――精神の病いを克服するために


A5判528頁

定価:本体6500円+税

発売日 04.09.10

ISBN 4-7885-0917-2

◆amazon.co.jpへ

cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆脳イメージングが開く心理解の最前線!
前著『壊れた脳』(邦訳『故障した脳』紀伊國屋書店)で、日本でもよく知られた精神病の世界的権威、目覚ましく発展している「脳イメージング技術」の第一人者でもある著者が、この技術による脳の研究から、心の地図はどこまで見えてきたか、そこから、うつ病や統合失調症、アルツハイマー症候群などの治療の可能性はいかに広がりつつあるかを、情報量豊かに、しかもリーダブルに説いた新著です。監訳者もまたこの分野の日本の第一人者。精神医学の専門家や心理臨床士、脳に関心をもつ一般読者まで幅広い読者の期待にこたえます。

◆本文紹介
われわれは現在、精神疾患の原因とメカニズムに多様な異なるレベルから光を当てる、新しい強力な技術をいろいろと手にしている。それはたとえば分子遺伝学と分子生物学であり、ゲノムをマッピングし、心と脳を含めてさまざまな病の遺伝的基礎を解明するために用いられている。加えて神経イメージング技術があり、生きたままの脳を視覚化し測定することができる。精神科医は、多くの人が信じていたようには人の心を読むことはできないが、神経イメージングの道具を用いて、心が考え感じるのを見ることができる。ゲノムのマッピングと並んで、脳の詳細が地図に起こされつつある。この二つの知識領域の収斂こそ、今現在、医学とメンタルヘルス領域に起こりつつあるもっともエキサイティングなできごとのひとつである。この収斂によってすでに、精神疾患の原因と治療の両方に関する考え方が変化している。(「まえがき」より)

◆書評
2004年10月10日、日本経済新聞

Loading

◆目 次◆
まえがき
第1部 故障した脳と混乱した心
第1章 すばらしい新しい脳の世界-精神疾患の重荷に立ち向かう
第2章 目覚めながらの悪夢−精神疾患におそわれた人々
第3章 故障した脳と混乱した心−間違った二分法
第2部 心、分子に出会う
第4章 脳−心、ダイナミックなオーケストラ
第5章 ゲノムの地図をつくる−生命と死の設計図
第6章 心の地図をつくる−神経イメージングで見る脳のはたらき
第3部 精神疾患を抱えて
第7章 心の病を理解する−過去、進歩への序章
第8章 統合失調症−引き裂かれた心
第9章 気分障害−情動のジェットコースター
第10章 痴呆−生きながらの死
第11章 不安障害−ストレス調節の破綻
第4部 すばらしい新しい脳の世界
第12章 すばらしい新世界−ゲノム時代における精神疾患の克服
監訳者あとがき
引用文献と参考書
事項索引/人名索引

原題:BRAVE NEW BRAIN Nancy C.Andreasen 2001


designed & constructed by bizknowledge