戻る

P・リクール 著 久米 博 訳


時間と物語 全3巻 新装版

2巻 フィクション物語における時間の統合形象化


A5判322頁

定価:本体3800円+税

発売日 04.8.30

ISBN 4-7885-0915-6

新曜社 リクールの本

フロイトを読む

時間と物語 I巻

時間と物語 II巻

時間と物語 III巻

記憶・歴史・忘却 上

記憶・歴史・忘却 下

ポール・リクール論
O・モンジャン著
ポール・リクールの哲学

「時間は物語の様式で分節されるのに応じて人間的時間になる。そして物語は時間的存在の条件となるときに,その完全な意味に到達する」。このテーゼの豊かな含蓄を,アウグスチヌスの時間論とアリストテレスのミメーシス論を媒介に汲み尽した著者畢生の成果。
『ダロウェイ夫人』『魔の山』『失われた時を求めて』などのフィクション物語を取り上げて,虚構の時間経験が真の体験となる道筋をたどる。

◆目 次◆
第三部 フィクション物語における時間の統合形象化
第一章 筋の変容
第二章 物語性の記号論的拘束
第三章 時間と戯れ
第四章 虚構の時間経験

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

Loading

designed & constructed by bizknowledge