戻る

岡本依子・菅野幸恵・塚田‐城みちる 著

『エピソードで学ぶ乳幼児の発達心理学』 
――関係のなかでそだつ子どもたち


A5判224頁

定価:本体1900円+税

発売日 04.05.01

ISBN 4-7885-0907-5

◆保育心理学、幼児心理学のニュー・テキスト!◆

保育学科の先生方から、学生に親しみやすい初歩向けのテキストを、という要 望が多く寄せられています。本書はそれに応える、新しいテキストです。自分 のうんこをうっとりと眺める子、昼も夜も、一日中同じパジャマを着ていると 言い張る子……。そんな印象的なエピソードを数々紹介しながら、その心理学 的な意味について考えるというスタイルをとっているので、子どもの姿をいき いきと思い浮かべながら学習できます。写真も多くて楽しく読むことができ、 保育園、幼稚園の先生方にも、改めて子どもの心を考える、よいガイドとなる でしょう。


◆本文紹介◆
 これまで赤ちゃんがえりは、現象がよく似ているために、精神分析学でいう退行であると解釈されてきた。たしかに、親の関心を奪われて自立を要求されるストレスから退行を生じた結果、赤ちゃんがえりをしていると思われる子どももいる。しかし、赤ちゃんがえりは、必ずしもすべてが退行のせいではない。つまり赤ちゃんがえりは、赤ちゃんの真似をすることによって生じていることが多く、それは子どもの、赤ちゃんへの関心をあらわしている。そして、赤ちゃんがえりを示した子どものその後のきょうだい関係が、良好であることを示す研究もある。赤ちゃんがえりだけでなく、次子の誕生による子どもの感情の混乱や赤ちゃんへの否定的行動も、数ヵ月ごには、赤ちゃんへの関心や愛情に変わっていることが多い(「1章/6関係の移行より」)


Loading

◆目 次◆
発達のみちすじ
はじめに
第1章 新しい世界へ−移行
1発達とは/2発達の原理/3子どもの居場所/4子どもの居場所−保育園と幼稚園/5環境移行/6関係の移行
第2章 人や物と関わる−関係
1愛着/2ひとみしり/3見知らぬ他者や物との関係づくり/4遊びの発達/5仲間関係/6保育場面での仲間関係/7秘密を分かち合う関係へ/8役割取得の発達/9ジェンダー/10親子関係の理解の発達
第3章 自分に気づく−自己
1自己の発達/2反抗期/3自己制御/4自己評価の発達
第4章 感じてあらわす−情緒
1情緒の発達/2一次的感情から二次的感情へ/3情緒理解
第5章 世界を知る−認知
1二項関係から三項関係へ/2ピアジェの発達理論1 保存/3ピアジェの発達理論2 自己中心性/4心の理論/5記憶の発達/6時間概念の発達/7模倣/8想像力の発達/9子どもの描画
第6章 話して伝える−ことば
1言語発達/2言い誤り/3話ことばの発達/4読み書きことばの発達
引用文献

designed & constructed by bizknowledge