戻る

ユセフ・イシャグプール 著/三好信子 訳


ル・シネマ
――映画の理論と歴史


四六判168頁

定価:本体1800円+税

発売日 02.12.05.

ISBN 4-7885-0826-5

◆書評
2003年2月、WEDGE
2003年2月、出版ニュース
2003年2月25日、クロワッサン

◆あの忘我の時間は何なのか?
 小冊子ながら映画の歴史と理論のエッセンスをこれほど緻密に、これほど明快に語った本はあるでしょうか。緻密さは、人が映画を見るとき何を見るのか、その体験の本質をとらえる著者の確かな理論的まなざしから生まれ、明快さは様々に現象するこの体験の本質が常に映画の歴史、個々の作家と作品の特性に即して具体的に語り出されるところに生まれます。20世紀のオペラ<映画>、その神話的創造の意味と転生への類いまれな招待です。著者はパリ第?大学の映画史・芸術史教授。

◆著者の邦訳書(いずれも法政大学出版局)
『ポール・ニザン』川俣 晃自訳、1988.12、本体価格:\3,200 ISBN 4-588-00250-3

『現代芸術の出発』 川俣 晃自訳、1993.3、本体価格:\1,900 ISBN 4-588-00395-X

『エリアス・カネッティ』、川俣 晃自訳、1996.2、本体価格: \3,300 ISBN 4-588-00507-3



Loading

◆目次
まえがき
T歴史 映画作品の歴史的多様性

1映画の誕生
映画は技術的発明である/リュミエールの「眺め」/メリエスの「魔術」/映画独特の表現法の発達

2サイレント映画の主な諸傾向
イマージュと現実のダイナミックな一致/アメリカ式叙述方/視覚的リズム/フランスのアヴァン・ギャルド/イマージュの不安な怪しさ/ドイツ表現主義/現実と思考/ソ連のモンタージュ

3トーキーのクラシック映画
クラシック映画/ハリウッド・システム/アメリカの「映画」/言葉の力/フリッツ・ラング/フィルムの感光度/ジャン・ルノワール/イマージュについての反省的思索/オーソン・ウェルズ/実在の開示/ロベルト・ロッセリーニ/幻想の論理/アルフレッド・ヒッチコック/一つの同じカメラから様々な形式と意味が生まれる

4ヌーヴェル・ヴァーグと現代映画
テレビの影響/人物と場所の乖離、意味と世界の乖離/「映画=時間」と「映像=思索」/「自然の開示」と「歴史」

U理論 イマージュの威力とその魔的な魅力の喪失

1イマージュの現実
分身と変身

2現実のイマージュ
映画は物に生き写し/出来事を現実だと信じること/ノスタルジー/「魔法のセルロイド」と「エモーション・ピクチャー」

3イマージュの繁茂に脅かされる映画

用語説明

原題:LE CINEMA Youssef ISHAGHPOUR 1996


◆本文一部◆
要するにいかなる映画も、我々の心的活動―注意、思索、意味―を要求するのである。そして映画はこれらの心的活動を巻き込んで、感動、意味、時間・空間などの組立てを行う。イマージュは、イマージュとして、またイマージュであるゆえに、それが現している現実を超越するのだ。(本文U理論2現実のイマージュ)


designed & constructed by bizknowledge