戻る

日本ユングクラブ編


『プシケー20号』
――特集 テクノロジー・魂・ユング


A5判120頁

定価:本体1600円+税

発売日 01.6.6.

ISBN 4-7885-0764-1

◆コンピュータ時代の「魂」とは?◆

ユングとテクノロジー? まるで水と油のように聞こえますが、じつはユングは、嘘発見器の開発に寄与した最初のひとりでした。本号では、はるか昔の人類の道具使用から現在のコンピューター技術まで、テクノロジーと人間の心との接点を、多様な角度からとりあげます。ユングのテクノロジーへの関心から説き起こして感情のパターンを読みとるソフト“キャシィ”の実際と可能性を示したR・ボスナック氏の講演「ユングとテクノロジー」(昨年の京都大学客員教授)、占星術の視点からテクノロジーと元型・魂の関わりを探る鏡リュウジ氏「プロメテウスの哀しみ」ほか、山下雅也氏(精神科医)「テクノロジーと魂」、電話相談によるケーススタディなど、今号も興味深い構成です。

Loading

designed & constructed by bizknowledge