戻る

O・モンジャン著


『ポール・リクールの哲学』――行動の存在論


四六判376頁

定価:本体3500円+税

発売日00.10.20

ISBN 4-7885-0737-4

新曜社 リクールの本

フロイトを読む

時間と物語 I巻

時間と物語 II巻

時間と物語 III巻

記憶・歴史・忘却 上

記憶・歴史・忘却 下

ポール・リクール論
O・モンジャン著
ポール・リクールの哲学

◆リクール哲学への格好のガイドブック◆
 フーコー、ドゥルーズなきあとのフランス思想界にあって、八十歳を過ぎてますます旺盛な思索を展開するポール・リクール。『悪のシンボリズム』から『フロイトを読む』『生きた隠喩』をへて、『時間と物語』『他者のような自分自身』まで、その足跡を、『エスプリ』誌の編集長が、膨大な著作と生涯を関係づけながら、詳細にたどり、その哲学を「行動の存在論」をキーワードに読み解こうとします。リクール哲学への見通しのよいガイドブックになっています。なおリクールは、今年度京都賞(思想・哲学部門)を受賞し、十一月には授賞式があります。時宜を得た刊行となりました。

◆書評
2000年11月8日、京都新聞、遠藤健一氏評

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ



Loading

◆目次
略伝/
序論 懐疑主義と対決して
おくればせの評価/二重に現代的/意見をもつ 概念と体験の間/概要
第1章 哲学する 行動の存在論
1.アポリア的思考スタイル 2.哲学的磁化 3.反省と解釈学 4.破裂した存在論
第2章 行動する 公的空間
1.悲劇的知恵から実践的知恵へ 2.政治的逆説 3.正義から革新へ 4.確信とデモクラシー 5.イデオロギーとユートピア
第3章 物語る 歴史とフィクション
1.時間と物語 2.解釈学的循環からテクスト範列へ 3.ミメーシスの循環 4.再形象化 『他者のような自己自身』
第4章 証しする
1.自己の解釈学 2.証しの動き 3.行動の存在論 4.倫理と存在論
第5章 哲学の境界で 悪の躓きから聖書の「大いなるコード」まで
1.哲学と非哲学 2.悪のアポリア論 3.贈与の経論 4.大いなるコード
結論 善と悪の非対称/非人間性の二つの斜面
書誌


designed & constructed by bizknowledge