戻る

V・フォン・ヴァイツゼッカー著 木村 敏訳


病いと人

――医学的人間学入門


A5判400頁

定価:本体4800円+税

発売日 00.3.30

ISBN 4-7885-0715-3

私たちはなぜ病気になるのか?
 ポリフェノール、アガリクス茸といった「健康」食品の数々。癌、糖尿病など「難病」への飽くなき挑戦。遺伝子、移植ほかに見られる「治療」の諸問題。古来『生老病死』と云われるように、私たち人間と病いは切っても切れぬ仲にあります。ではどうしたら、それらと上手く付き合ってゆけるのでしょうか?二十世紀の<病みの知>研究史上フロイトと並び輝く巨星ヴァイツゼッカーの代表作である本書は『心とは? 体とは? 苦しみとは?』という人類普遍の課題へ根底から迫って、現代医療や生命倫理の領域に重大な示唆を与えます。この超歴史的遺産を巨匠精神医学/哲学者の精魂込めた超訳でお届けします。

◆書評
2000年4月23日、朝日新聞、池内紀氏評
2000年9月、毎日ライフ
2000年12月、精神療法、山中康裕氏評
2001年1月、こころの科学、神田橋條治氏評
2001年2月、日本心臓病学会 Journal of Cardiology坂本二哉氏評


Loading

目次

前篇 臨床供覧
序論
第一講 偏頭痛と糖尿病
第二講 扁桃炎後の腎炎
第三講 扁桃炎後の腎炎
第四講 ヒステリー性の腸閉塞
第五講 ヒステリー性の嘔吐
第六講 十二指腸潰瘍
第七講 便秘
第八講 不安神経症
第九講 気管支喘息
第十講 腰椎骨折と気管支喘息
第十一講 扁桃炎
第十二講 突発性頻脈
第十三講 座骨神経痛とヒステリー性歩行障害
第十四講 気管支喘息
第十五講 腎臓結石
第十六講 扁桃炎後の多発関節炎
第十七講 過呼吸後のテタニー発作
第十八講 狭心症
第十九講 流行性肝炎
第二十講 上腹部痛
第二十一講 高血圧
第二十二講 心臓発作
第二十三講 糖尿病性昏睡

後篇 医学的人間学入門
序論
第一章 どこ、いつ、なに、なぜ
第二章 パトス的なもの
第三章 ゲシュタルトクライスとエス形成
第四章 死の連帯性と生の相互性


designed & constructed by bizknowledge