戻る

編集 西林克彦(宮城教育大学) 三浦香苗(千葉大学) 近藤邦夫(東京大学) 村瀬嘉代子(大正大学)


第1巻 教師をめざす


A5判176頁

 

定価:本体1800円+税

発売日 00.3.10

ISBN 4-7885-0707-2

◆amazon.co.jpへ

cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

『教員養成のためのテキストシリーズ』(全5巻)


2000(平成12)年度からの新免許法に全面対応

平成12年度から全面的にスタートする新教育職員免許法に対応した入門テキ ストのシリーズです。シリーズの特徴として「教師としての力量を養成」「学習の観点と臨床の観点を融合」「『成長していく』という視点からの支援」「発達における危機 を支えるカウンセリングの基礎を学ぶ」「普遍性のある内容」をあげ、学ぶ ・教えるという教育の実際的な活動のなかで、教育心理学、臨床心理学に何 ができ、何を伝えるべきなのか、編者・執筆者が何度も議論を重ねた成果で す。心理学以外の領域からも多くの先生方にご執筆いただきました。


第1巻 教師をめざす

新しい「教職に関する科目」のうち、「教職への志向と一体感の形成に関する科目」(2単位)に対応しています。現代というむずかしい社会のなかで、教職はどのような位置を占めているのか,どのような役割を担っているのか,教師としての責任や役割とは何であるかなどを考えながら、学校教育をめぐる環境や問題を認識し、教師に求められる適性、教職を選択することの意味を考えます。

◆本文紹介◆
教育は制度として行われるが、学習はすぐれて個人的な営為である。協同作業のなかでいかに活動しようとも、最終的には個人へ内化しなければ意味はない。したがって、教師が個々人の学習を保証しようとすれば、個々人の有様を把握していなければならない。画一的に指導して、画一に評価するというわけにはいかないのである。学習者の学習が、個々人のレベルで見えなければならないのである。(「20教師をめざす」より)

Loading

目次

1部 教育をめぐる状況
1子どもと社会変化/2教育をめぐる環境変化/3競争と平等/4教育言説の視点から教 育論を解きほぐす/5自らの教育を振り返る

2部 学校という存在
6学校というもの/7現代日本の教育と学校制度/8学校組織/9学級制度/10地域社 会との共生/11学級集団/12学校像の模索

3部 教師という仕事
13教師の一日/14指導と懲戒/15組織の一員としての教師/16子どもを委ねられ るということ/17教師の成長

4部 教師を目指す人のために
18教師になるためのガイド/19教職の隣接領域/20教師をめざす


designed & constructed by bizknowledge