戻る

山田昌弘 著


家族のリストラクチュアリング

21世紀の夫婦・親子はどう生き残るか


四六判248頁

定価:本体2000円+税

発売日 99.9.20

ISBN 4-7885-0691-2


◆amazon.co.jpへ

cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

時代にマッチした新たな家族の構築へ
いまや家族も規制緩和の時代です。終身雇用と年功序列が崩壊すると、従来の家族形態のままでは収入が減ってローンを払えなくなる。家を手放し夫婦共働きとなって専業主婦は絶滅し、親に寄生する若者も追い出される(家族リストラ)。家庭内離婚の夫婦はこれを機会にきっぱり別れる(夫婦リストラ)。家族再編の結果、みなが貯金をおろして引っ越すため住宅需要が増え消費が回復し、ついでに少子化に歯止めがかかる。というのは半分冗談ですが、家族リストラを家族の自由化・流動化とポジティブにとらえれば、愛情というインセンティブによって経済を活性化させるチャンスと読みかえることができるのではないでしょうか。

◆書評
1999年10月16日、日本経済新聞(夕刊)
1999年11月、出版ニュース11月上旬号
1999年11月15日、ふぇみん
1999年12月3日、週刊読書人、千田有紀氏評
1999年12月24日、週刊朝日、斎藤美奈子氏評
1999年12月24日、週刊読書人、金井淑子氏評
2000年1月、Wave かながわ女性センターだより
2000年1月、女性教養
2000年1月9日、北海道新聞、久田 恵氏評
2000年1月10日、アエラ
2000年1月14日、週刊朝日
2000年2月、プチタンファン

Loading

◆目 次◆
T家族の規制緩和
「夫婦リストラ」が始まる/恋愛結婚の落とし穴/現代夫婦のゆくえ
U滅びゆく専業主婦
低成長がもたらした未婚化・結婚難/滅びゆく一般職と専業主婦/専業主婦の消える日
V少子化とパラサイト・シングル
少子化が進んだ社会とは/平成不況と未婚化・少子化の関係/どうする、少子化とパラサイト・シングル
W介護・家事・育児にいま必要なこと
男に高齢化介護はできない?/家事は妻の愛情表現なのか?/子育てがプレッシャーになる時代
X日本家族のゆくえ
秩序を優先する日本家族のツケ/日本家族の世紀末/家族のリストラクチュアリング/おわりに


◆本文紹介◆
今、家族の危機が叫ばれている。少子化、高齢化、離婚の増大、不倫ブーム、子どもの虐待、父性の復権などさまざまな場で議論されているが、これらの問題は、どうもイデオロギー的に論じられることが多い。つまり「家族はこうあるべき」(もしくは「家族を解体するべき」)というイデオロギーがまずあって、それにもとづいて現象を評価する立場が優勢なのだ。   社会主義国家が相次いで崩壊し、イデオロギーなき時代とはいわれるものの、こと家族に関してはイデオロギー的言説が満ちあふれている。離婚はいけない、父性の復権、母性の喪失、保育園はよくない、専業主婦はゴミ(私がいったのではない、念のため)、子育ての愚痴を言うのはわがままだ、男性が子育てをしないのはおかしいなど「家族はこうあるべき」という主張がいたるところ飛び交っている。
 しかし、私が望むのは「家族はこうあるべき」というイデオロギーは脇においた形での議論である。なぜなら、「よりよい家族のあり方」は社会状況によって変化すると考えるからである。(「おわりに」より)


designed & constructed by bizknowledge