戻る

花田達朗、吉見俊哉、C・スパークス編


カルチュラル・スタディーズとの対話


A5判672頁

定価:本体5500円+税

発売日 99.5.10

ISBN 4-7885-0672-6

越境する知の旅へ
カルチュラル・スタディーズは、文化の内に潜む国家・民族の境界線を問い直し、アカデミズムの知とその他の知との境界線を問い直し、学問を細分化する境界線を問い直すことから生まれた新しい文化研究の流れです。本書は、その中心人物スチュアート・ホールをはじめとするイギリスの研究者と日本の研究者が一堂に会し、四日間にわたって開いたシンポジウムの記録で、充実した発表と討論はひろく公刊が待たれてきました。カルチュラル・スタディーズ本来の、国境を越えた出会いと対話の成果として、哲学、社会学、人類学、文学、歴史学、政治学等幅広い分野の研究者、大学院生の期待にこたえるものです。

◆書評
1999年5月21日、出版ダイジェスト
1999年6月18日、週刊読書人、田崎英明氏評
1999年8月28日、図書新聞、平井 玄氏評
1999年9月1日、朝日新聞夕刊
2000年1月、論座2000年1月号、上野俊哉氏評

Loading

designed & constructed by bizknowledge