戻る

鶴田欣也 著


越境者が読んだ近代日本文学

境界をつくるもの、こわすもの


四六判456頁

定価:本体4600円+税

発売日 99.5.20

ISBN 4-7885-0670-X

◆異文化としての日本文学
若くして北米に渡り、アメリカとカナダの大学で多くの日本文学研究者を育てつつ、比較文学の国際的オルガナイザーとしても内外の文学者に広く親しまれてきたキンヤ・ツルタ。彼は「越境者」の眼で日本文学、日本文化、そして日本・日本人を見つめてきました。本書は、その間に著者が読んだ日本文学、特に芥川、川端、谷崎、井伏のテキストを、日本的感性・閉鎖性から自由になって味わい、熟考した成果です。そこには外と内の両方の眼でしか捉えられない、日本の文化と文学の特質があざやかに浮かび上がってきます。21世紀に日本文学が生き残っていくための多くの示唆も含まれています。

◆書評
1999年6月20日、信濃毎日新聞、佐伯順子氏評
1999年7月、波、佐伯彰一氏評
1999年7月4日、読売新聞、広岡守穂氏評
1999年7月4日、毎日新聞、張 競氏評
1999年7月11日、日本経済新聞、張 競氏評
1999年7月26日、公明新聞、利沢行夫氏評
1999年8月、国文学、大島 仁氏評
1999年11月16日、朝日新聞、平川祐弘氏評
1999年10月17日、東京新聞、張 競氏評
2000年2月、国文学、高 和政氏評

Loading

◆目 次◆
第一部 越境してくる西洋人
近代日本文学のなかの西洋人
谷崎潤一郎‐西洋巡礼と日本回帰
第二部 「甘え」と越境
「甘え」と文化衝撃
『暗夜行路』における「甘え」と「ゆるし」
ヘミングウエイの個と「甘え」
第三部 向こう側と母なるもの
川端康成の向こう側空間
川端康成のアニミズム
理性の敗北、カオスの母の勝利‐芥川竜之介の場合
第四部 越境者の読んだテキスト
テキストの裂け目『こころ』
ウサギの目で見た鳥
復習と現実‐『金閣寺』というテキスト
井上靖の孤独と情熱
井伏鱒二の『遥拝隊長』
第五部 帰ってきた越境者
浦島の体温差
越境者が日本の大学で教えると‐発信カードと対話
鼎談 異文化接触とアイデンティティへの道のり 佐伯彰一・平川祐弘・鶴田欣也
あとがき



designed & constructed by bizknowledge