戻る

児島和人 編


個人と社会のインターフェイス

メディア空間の生成と変容


A5判240頁

定価:本体4200円+税

発売日 99.2.25

ISBN 4-7885-0661-0

パソコン通信,衛星放送など情報ツールが進歩・多様化するなか,現代における個人と個人,個人と社会の相互作用はいかに生成・変容しているか。コミュニケーションの実際・制度・意識の面から,個人と社会の境界を揺るがすメディア空間の変動を見通す。
Loading

◆目 次◆
まえがき
第1部 テクノロジーと新しいインターフェイス
第1章 受け手の送り手化
第2章 コンピュータ・コミュニケーションにおける個人と社会
第3章 テクノロジーとしてのメディアと個人
第2部 インターフェイスとしての公共空間
第4部 コミュニケーション論としての公共圏議論
第5部 テレビ報道と政治の<祝祭>
第3部 インターフェイスと生成する社会
第6章 心のなかの<個人と社会>
第7章 生成する意味、生成する社会

designed & constructed by bizknowledge