戻る

岡本浩一 著


大学改革私論

研究と人事の停滞をいかに打破するか


四六判208頁

定価:本体1900円+税

発売日 98.3.10

ISBN 4-7885-0636-X

:大学改革はなぜ掛け声倒れに終わっているのか。プランのいずれも機構いじりや精神論に終わっているからだ。英米の制度の詳細な検討に基づき,研究費配分の根本的改革という具体的視点から実効のある改革案を提出した,大学関係者必読の書。
Loading

designed & constructed by bizknowledge