戻る

鈴木七美 著


出産の歴史人類学

産婆世界の解体から自然出産運動へ


A5判304頁

定価:本体3800円+税

発売日 97.12.10

4-7885-0615-7

◆amazon.co.jpへ

cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7&y セブンアンドワイへ

◆女性史青山なを賞受賞
出産が産婆の手から医師の手に移ろうとしたとき何が起こったか。アメリカにおける産婆世界と近代医学との文化衝突のただなかに出現した植物・水治療運動の詳細な追跡をとおして現代の自然出産運動に通底する人間観,自然観の葛藤の力学を描き出す。

◆書評
1998年2月22日、京都新聞
1998年3月22日、信濃毎日新聞、青柳清孝氏評
1998年4月、毎日ライフ
1998年4月17日、サイアス
1998年9月18日、毎日新聞、佐々木泰造氏評
1998年9月20日、日本医史学雑誌、<石原 力/b>
1998年10月25日、東京女子大学学報、佐藤宏子氏
1999年6月、歴史学研究、小野直子氏評

Loading

designed & constructed by bizknowledge