戻る

海野 弘 著


現代デザイン

「デザインの世紀」をよむ


四六判272頁

定価:本体2200円+税

発売日 97.8.29

4-7885-0610-6

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

デザインは社会的言語であり,ライフスタイルの表現である。いまや都市,建築からファッション,車,家具まで生活のあらゆる領域に広がる現代デザインの思想を,アールヌーボーからポストモダン,ニューエイジまでの理念と様式の興亡のなかに探る。

◆本文紹介◆
現代デザインは、コンピュータと手仕事、パブリックな世界と私的な空間、マクロコスモスとミクロコスモスの間に橋を架けるという困難な仕事を負わされている。デザインのパイオニアたちは、そのための壮大な実験を試み、成功と失敗をくりひろげつつ、二十世紀を旅にしてきた。私たちはその軌跡をふりかえり、そのたびをつづけていかなければならない。(「現代デザインとは何か」より

◆書評
「美術手帳」97.12月号
東京新聞 97.10.19
「電通報」 97.9.8
「デザインの現場」97.10月号

◆目 次◆
現代デザインとは何か/現代デザインの流れ
T世紀末〜一九一〇年代
産業革命とリフォーム運動/アーツ・アンド・クラフツ運動/エスセムティック・ムーブメント/アール・ヌーヴォー/プロト・モダニズム/日本のデザインT
U一九二〇〜一九三〇年代
ロシアアヴァンギャルド/キュビズム・未来派/バウハウス/デ・ステュイル/ル・コルビュジェ /機能主義/インターナショナル・スタイル/アール・デコ/ポピュラー・スタイル/日本のデザインU
V第二次大戦から一九六〇年代
北欧のデザイン/ニュー・バウハウス/スタイリング/グッド・デザイン/英国のデザイン/イタリアのデザイン/ドイツのデザイン/ポピュラックス/カウンターカルチャー/日本のデザインV
W一九六〇年代以降
ポスト・モダン/メンフィス アルキミア/ハイテク/グリーン・デザイン/キッチュ/コンピュータ・アート/シチュアショニスト/日本のデザインW


designed & constructed by bizknowledge