戻る

安田 雪 著


ネットワーク分析

何が行為を決定するか


四六判256頁

定価:本体2200円+税

発売日 97.2.14

ISBN4-7885-0584-3

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

人と人,組織と組織,産業間ネットワークから世界システムまで,あらゆる「関係」に共通するパターンを探りだし,行動の決定因に迫る新しい知の道具,ネットワーク分析。この道具の特性と使いこなし方をキーワード中心,数式抜きでやさしく語る。

◆本文紹介◆
「ネットワーク」という言葉からは、いろいろな連想ができます。企業内のコンピュータ・ネットワーク(社内LAN)、地球的規模で加速度的な拡大を続けるインターネット、テレビやラジオの放送通信網、学閥や閨閥、地域のボランティア活動のネットワークや、企業集団、異業種交流会など、さまざまな組織やネットワークのイメージが浮かんできます。  一見、脈絡のないこれらの連想に共通しているのは、コンピュータや人々の背後に、何らかの関係パターンが存在していることです。ネットワーク分析(Network Analysis)は、このようなさまざまな「関係」のパターンをネットワークとしてとらえ、その構造を記述・分析する方法です。

◆書評
1997年4月8日、日経流通新聞

●著者関連書
ワードマップ パーソナルネットワーク

実践ネットワーク分析

Loading

◆目 次◆
はじめに
Tネットワーク分析とは
ネットワーク/ネットワーク・パワー/ネットワークストラクチャー
Uネットワークモデルのデータとモデル
グラフ/グラフ理論/ネットワーキング/行列とソシオグラム/紐帯の力/ネットワーク・データ/ネットワークの大きさ/ネットワーク・クエスチョン/ネットワーク密度/ネットワーク中心性/直接結合/構造同値/クラスター分析/構造的制約‐拘束度
Vネットワーク分析の応用研究
パソコン通信のネットワーク/就職情報とネットワーク/夫婦のネットワーク/ネットワークの態度と変容/コミュニティ/パーソナル・ネットワークと昇進速度/産業間ネットワークと市場成果/企業集団の構造と連結の経済/日米市場構造の比較と変化/世界システム論
Wネットワークを支えるもの
構造主義/国際社会ネットワーク学会/ソフトウェア
あとがき


designed & constructed by bizknowledge