戻る

平川祐弘・鶴田欣也 編


「甘え」で文学を解く


四六判492頁

定価:本体4500円+税

発売日 96.12.12

ISBN 4-7885-0581-9

土居健郎氏の「甘え」理論によって世界文学を読み解く試み。鏡花,鴎外からばなな,詠美まで,さらにはドストエフスキー,カフカからヘミングウェイまで,鮮やかな解読と土居氏の適確なコメントを通して,「甘え」理論の有効性が見事に実証される。

◆書評
1997年2月、出版ニュース下旬号
1997年2月9日、京都新聞
1997年10月8日、東京大学 教養学部報、足立節子氏評

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

Loading

designed & constructed by bizknowledge