戻る

平川祐弘・鶴田欣也 編


『暗夜行路』を読む

世界文学としての志賀直哉


四六判492頁

定価:本体4500円+税

発売日 96.8.30

ISBN 4-7885-0568-1

『暗夜行路』ほど評価の分れる作品も珍しい。測る規準をどこに置くかで価値が全く変わってしまう。日本,アメリカ,カナダの研究者が,近代小説という狭い枠にとらわれず世界文学の視点から大胆に読み直すことで,全く新しい読みの次元を導入する。

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

Loading

designed & constructed by bizknowledge