戻る

榊 敦子 著


行為としての小説

ナラトロジーを超えて


四六判246頁

定価:本体2400円+税

発売日 96.6.25

ISBN4-7885-0563-0

叢書・物語の冒険

語る行為に先立って物語内容は存在しない。誰が,何のために,誰に向かって語っているのかという視点から読み直すとき,よく知られた日本文学の名作−−『雁』『草枕』『卍』『黒い雨』も全く新しい姿を現わす。物語行為として日本近代文学を読む試み。

◆書評
1996年7月25日、朝日新聞、斎藤美奈子氏評
1996年9月、出版ニュース
1996年9月15日、熊本日日新聞、平川祐弘氏評
1996年10月、すばる、高山宏氏評
1996年12月21日、図書新聞、芳川泰久氏評

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

Loading

designed & constructed by bizknowledge