戻る

富永茂樹 著


都市の憂鬱

感情の社会学のために


四六判306頁

定価:本体2800円+税

発売日 96.3.5

ISBN 4-7885-0547-9

感情とは本来社会的なものである。18世紀の廃墟への好みと憂鬱という感情の発生,19世紀のオスマンによるパリ改造と健康・衛生への注視,20世紀の失敗症候群と後悔という感情の成立など,感情をキイワードに文学と都市空間の中に〈近代〉の意味を探る。;(品切)
◆書評
「出版ニュース」96.5上
朝日新聞 96.4.21 上野俊哉氏評
日本経済新聞 96.3.17
Loading

designed & constructed by bizknowledge